スイスの内閣、女性過半数に

スイスの内閣閣僚はわずか7人。そのうち4人が女性となった。スイスは首相による閣僚人事というお決まりのコースがなく、連邦議会議員による選挙で選ばれるのだという。

世界のメディアが大きく報道しているのは、スイスの女性が参政権を獲得したのはつい70年代のことで、ヨーロッパで最も女性参政権が遅かったにも関わらず、最高決定機関への女性進出スピードの速さだ。

さらにユニークなのは、7人の大臣の中の1人が大臣兼任のまま、任期1年の大統領となる。しかも大統領は、閣僚7名が1年ごとに交替で務める輪番制なのだという。つまり女性大統領も時間の問題だ。

http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-11387996
[PR]
by bekokuma321 | 2010-09-22 21:25 | ヨーロッパ