家内労働者の権利法

これはすごい! 8月31日、ニューヨーク州知事は、「家内労働者の権利法」に署名した。おそらくは世界で初めての家内労働者の権利法が施行されることになった。

この法によって、残業手当、週1日の休日、年3日の有給休暇、セクシャルハラスメントと人種差別からの保護が認められることになった。

乳母、介・看護者など、ニューヨーク州内で働く約27万人の家内労働者に福音をもたらすだろう。この家内労働者のほとんどは女性であり、しかも有色人種の女性である。

法律成立のかげには、希望を失うことなく、組織化し運動を続けてきた家内労働者連帯Domestic Workers United [DWU]という団体がある。その政治力に心から敬意を表する。

さらに強調すべきは、世界に先駆けて、家内労働に従事する人たちの権利を法的に保障することになったニューヨーク州知事David Patersonだ。彼は、ニューヨーク州初のアフリカ系アメリカ人であり、しかも目が不自由。ハンディを乗り越えて弁護士になり、政界に進出した。2008年から州知事。

暑さも吹き飛ぶすがすがしいニュースだ。

http://www.domesticworkersunited.org/shownews/59
http://www.ny1.com/content/top_stories/124674/paterson-signs-domestic-workers-bill-of-rights
http://www.truth-out.org/us-social-forum-kicks-off-with-domestic-workers-coming-out-shadows60742
[PR]
by bekokuma321 | 2010-09-02 13:46 | USA