ノルウェー女性パネル、年金制度改革を提言

c0166264_12103412.jpg

8月25日のアフテンポステン紙によると、ノルウェーの女性パネルKvinnepaneletは、「現状の年金制度のままだと子育てをした女性が離婚したら、損をするのは女性なので、改正せよ」という提案を平等・社会インクルージョン省に提出した。大臣は、男性のアウドゥン・リースバッケン(左)。

女性パネルは、平等・社会インクリュージョン(前子ども家族)省大臣が創設した公的審議会。目的は、大臣によると、「女性の賃金は、15%も男性より低い実情がある。そうしたまだ残る性差別を改善するために」女性の声をまとめて政策に反映させること。今年1月からスタートし、夏までの半年で報告書を出すことになっていた。

女性パネルは、女性のみ31人の委員で構成されている(ノルウェーの公的機関は男女が40%から60%占めなければならないが、差別解消のための暫定的特別措置は例外となる)。委員の選出は、職業、活動分野、住所、民族、年齢などに偏らないことが重要な基準となる。その結果、実に多様な女性が選出されている。

職業・肩書きを見ると、「こういうところに女性がついているのか」と、驚かされる。一方、どれもこれも大学教授などに偏っていると批判されている日本の審議会と違って、いろんな職業の人、運動家の人・・・。少しは見習うべきだ。

女性パネル委員名(職業・肩書、住所)は以下のとおり。





委員長
Loveleen Brenna(社会インテグレーション参与、Jessheim.)

副委員長
Kirsti Bergstø,(子どもの福祉スタッフ、Nesseby)

委員:
Amal Aden(コンサルタント/作家、Hønefoss)
Anette Sagen(女優、Mosjøen)
Anne-Berit Kolås(年金生活者、Frekhaug)
Benedichte Limmesand(学生/県議会議員、Lyngdal)
Bushra Ishaq(学生/イスラム学生協会委員長、Oslo)
Christine Koht(ジャーナリスト、Oslo)
Gerd Malme(自衛隊軍備部長、Bardufoss)
Hannah Helseth(社会学者/作家、Tønsberg.)
Hannah Wozene Kvam(ドキュメント映画制作者/レポーター、Oslo)
Ingrid Liland(学生/学生連合委員長、Rørvik)
Iram Haq(女優、Oslo.)
Karen Pinholt(ノルウェーレズビアン・ゲイ・同性愛・性転換者協会LLH代表、Oslo)
Karianne Karlsrud(介護者、Jaren)
Lindis Sloan(平等と知識センターONLY参与、Steigen)
Lisbeth Normann(ノルウェー看護協会代表、Oslo)
Malin Stenson(ノルウェー船主協会代表、Nesodden)
Margreth Olin(映画制作者、Oslo)
Mariann Fossum(女性のシェルター職員、Bergen)
Pia Tjelta(女優、Oslo)
Ragnhild Dalheim Eriksen(リッド・リッド祭代表、Samuelsberg)
Renathe Arevoll(子どもの福祉協会代表、Skoppum)
Shabana Rehman Gaarder(コメディアン、Oslo)
Sol Valland Schind(年金生活者、Bergen)
Solfrid Marthiniussen(森林業幹部、「森林と少女」代表、Drammen)
Synnøve Hinna(神学者、教会審議会委員、Oslo)
Therese Anita Holmen(電気技師、Hauge)
Trine Lise Sund Score(労働組合書記、Oslo)
Unni Steinsmo(技術を社会に役立てる調査機関SINTEF代表、Trondheim)
Åse Amble(教員、Oslo)

http://www.regjeringen.no/nb/dep/bld/pressesenter/pressemeldinger/2010/Kvinnepanelet.html?id=592578
http://www.rettvenstre.no/?p=1925
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/article3782571.ece

写真は2010年1月創設時のもの。ノルウェー政府HPより
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-26 12:11 | ノルウェー