ポーランド国会で、男女同数クオータ制が審議へ

最新のIDEA報道によれば、ポーランドで、2010年2月、国会地方議会すべての議員候補者の数は、男女が同数の数でなければならないとするクオータ制法案が審議された。

この法案が国会に上程されることになったのは、国民15万人の署名が発端だという。

法に違反した場合、その政党の候補者名簿を受け付けないとされている。2万人以上のすべての地方自治体も含むという包括的なもので、注目される。

http://www.quotaproject.org/uid/countryview.cfm?country=179
[PR]
by bekokuma321 | 2010-08-26 01:54 | ヨーロッパ