強制結婚

ノルウェーは強制結婚を禁止している。しかし、強制結婚の根絶に取り組むノルウェー赤十字社や、民間団体セルフ・ヘルプによると、年々増えており深刻な社会問題だという。

とくに夏は、海外旅行の手段が増えることにより、強制結婚の数も増える傾向にある。6月だけで、赤十字社に、子どもたちからのこの種の悩みの相談が20件よせられた。中には、13歳の少女がオスロ市内で結婚式をするよう圧力をかけられているケースや、50歳のイラク男性が強制結婚の疑いで指名手配されたケース…。

今年初めに赤十字社は、2009年、79人が強制的に結婚させられており、2008年より17件増えたと発表した。その90%は少女であり、強制結婚をさせる親はパキスタン出身者がほとんどを占める。

子ども・平等大臣のアウドン・リュースバッケは、「子どもへの虐待であり、絶対許されない」と強制結婚根絶に意欲を示す。

日本にも女性・少女が強制的に結婚させられているケースが多いはずだ。しかし、統計すらなく、少女たち人権侵害が野放しになっているのではないだろうか。マスコミも報道した形跡はない。


http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7196867
http://www.seif.no/
http://www.rodekors.no/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-07-05 03:05 | ノルウェー