イギリス、大幅予算削減へ

イギリスのジョージ・オズボーン財務相は、すべての政府予算を40%削減するようにと発表した。各省は、40%削減目標に向けて、1カ月以内に具体策を出さなくてはならない。

オズボーン大臣は、就任以来、消費税引き上げ、子ども手当の3年間凍結、住宅手当の削減など強硬策を打ち出し、サッチャーの再来かといわれている。

25%の削減プランで、61万人分の公務職場がなくなるとされていたが、40%削減となると100万人分が失われるだろうと予測されている。

女性の労働の場が減ることは間違いない。労働市場では、同一価値労働同一労働より職場の確保が優先されるだろう。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk/10500081.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2010-07-04 14:18 | ヨーロッパ