派遣法が改正された。しかし

先日、労働者派遣法が改正された。非常に不満足なものだった。

派遣とは、多くの女性が、働かされている典型的非正規雇用だ。これほど働く女性に大きな影響を持つ法律はないくらいだ。しかしもっとも影響を受ける働く女性の声が、審議決定の場に参画していない日本では、見るも無残な法律となってしまう。その典型例といえよう。

派遣とは、働いている人が派遣先と派遣元という二重の「主人」に使われている点が特徴。派遣先は実際に働いている会社。一方、派遣元は働く人の直接の雇用者で、派遣先に派遣をしている会社である。

今回の最大の問題は、「均等待遇」を守らせることだと私は考えていた。しかし、多少の色はつけたが、「均衡を考慮する」との配慮規定で終わってしまった。いわゆる、ざる法である。配慮するーーーという甘い文面では、「はい、配慮しました」などと会社側が簡単に言いぬけられる。

社民党と国民新党の粘りで、「事前面接」が禁止されたのはよかった。事前面接がOKとなると、顔かたちや結婚妊娠の見込みなどで、はねられる恐れが高いからだ。

◆労働者派遣法:改正案閣議決定 「みなし雇用」に評価 「偽装」排除へ一歩(毎日新聞)http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100320ddm002010116000c.html

◆労働者派遣法の今国会での抜本改正を求める意見書(日弁連)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/100219.html

◆【談話】労働者派遣法「改正」法案の閣議決定にあたって(全労連)
http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2010/opinion100320_01.html

◆労働者派遣法改正法案の閣議決定に関する談話(連合)
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2010/20100319_1268978287.html

◆派遣法条文(厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000050fd.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-21 09:11 | その他