インド、地方に続き国会・州議会にもクオータ

「女性たちは、この瞬間を、62年間待っていました」
こう叫ぶのは、与党国民会議派のジャヤンティ・ナタラジャンJayanthi Natarajanだ。

3月9日、インド国会は、下院と各州議会の議員定数の3分の1を女性に割り当てるクオータ制を可決した。この憲法改正案は1996年に初めて上程され、主要政党の賛成が見込まれていた。

245票のうち賛成票は186で、憲法改正に必要な3分の2を超えた。反対はたった1票。少数政党は議決をボイコットした。法案は下院に送られる。

3月8日は、国際女性デー。世界各地で、女性の権利獲得の成果を祝う日だ。今年は100周年でもある。その記念すべき日に可決する予定で上程されたが、反対議員の暴力的妨害行為で、議決が1日延期になった。反対議員7人は、暴力的行為により処分を受けた。(暴力がらみの妨害は、↓の録画を)

現在、インドの国会は上下両院とも、わずか10%程度しか女性議員がおらず、州議会はさらに下回っている。今回のクオータ制を、多くの人たちは大歓迎している。

「インドの女性への最も重要な贈り物」(ソニア・ガンジー大統領)
「この法案は、インドの女性のエンパワーメントに向かっての大きな歴史的一歩であり、女性の権利を祝うものだ」(マンモハン・シン首相)

インドでは、すでに、町や村の地方議会において、3分の1を女性に割り当てる法律が施行され、地方政治の決定の場に女性の声が大きく届くように変わってきている。国会へのクオータ制法案は、感情的な猛反対を受けてきたが、施行にこぎつけたインド国会議員に心から敬意を表したい。

隣国バングラデッシュでは、2004年から国会の345議席中45議席を女性に割り当てる法律が成立施行されている。

さて、日本。女性差別撤廃委員会から、日本政府は幾度も「クオータ制を含む暫定的特別措置で、政策決定への女性を増やすように」と勧告を受けてきた。一日も早い実行を!

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8557237.stm
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8554895.stm
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/234683.stm
http://www.vancouversun.com/news/India+women+quota+bill+clears+first+hurdle/2661036/story.html

■インドのクオータ制関連の日本語記事
http://frihet.exblog.jp/11692870/

■国際女性デー関連記事
http://frihet.exblog.jp/13895013/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-13 10:23 | アジア・アフリカ