サウジアラビア女性、男性付き添いなしに出廷し厳罰に

Human Rights Watchは、サウジアラビア裁判所が、女性に下した300回の鞭打ち刑と、1年半の投獄刑を無効にするよう、広く世界に訴えている。

その女性はSawsan Salim。彼女は、行政からセクシャルハラスメントを受けた被害を提訴し、その裁判に男性の付き添いなしに出廷した。彼女の回りにいる唯一の男性である夫が、受刑中であったため、付き添う男性がいなかったという。

しかし裁判長は、「嘘のセクシャルハラスメント被害を訴えた罪」と、「男性の庇護なしに法廷に出た罪」で、有罪だと判決した。

■Human Rights Watch
http://www.hrw.org/en/news/2010/03/02/saudi-arabia-free-woman-who-sought-court-aid
[PR]
by bekokuma321 | 2010-03-06 16:22 | 中東