強姦被害

大多数の女性たちは、強姦をされた被害者自身に何らかの責任があると考えている。しかも男性に比べ女性のほうが、被害女性に厳しいというショッキングな結果が出た。

BBCが報道したイギリスの性暴力被害支援団体の調査結果だ。1000人を対象に調査した。

これをどう見るか。ひとつには、加害者側が被害者に対して罪を着せようとするさまざまな社会的空気が影響していることが考えられる。TV、映画、コミックなどで、誘惑する女性、挑発する女性たちがこれでもかと描き続けられる。「ほら、罪は女のほうにあり」と。

報道結果は、一生PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいる強姦被害者にとって、きわめて残酷だといえる。また、こうした傾向が、被害届出を躊躇させる。警察が発表する強姦件数は、氷山の一角にすぎない。さらに、加害者側の罪悪感を軽くするように作用する。これは強姦対策の手ぬきにつながりかねない。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8515592.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2010-02-15 17:43 | ヨーロッパ