イスラム教女性のブルカ禁止

c0166264_9474529.jpgBBCによると、フランス政府は、学校、病院、政府機関、公共交通機関で、女性が顔全体を覆うブルカをつけることを禁止するとする提案書を出した。

急進的宗教慣習にもとづいたサインを見せた場合は、居住や市民権を剥奪することを勧告している。フランス内務省は、完全に顔を覆うベールをかぶっている女性は1900人いると発表した。フランスは500万人のイスラム信者を抱えるという。

c0166264_9481149.jpgデンマークは、公共の場でマスクをすることを禁止すると決定している。スウェーデンは、何日か前、首相が、ブルカは適切ではないと述べた。

ノルウェーは、政党によって、見解が異なる。極寒の地ノルウェーでは、眼だけを出す防寒用マスクをかぶっている人が多くいるので、イスラム教のベールの規制は難しいのかもしれない(冗談・・・)。

c0166264_9483950.jpg人間は、他人を極端に不快にさせない限り、どのような服装をしようと、その人個人の自由であるべきだ。それなのに女性は、古今東西、やれスカートをはけ、ズボンはダメだ、髪を長くせよ、帽子をかぶれ・・・と身につけるものを制約されてきた。大きなお世話だ! これが基本ではある。

しかし、個人的体験だが、アメリカ留学をしていた際、目にあたる部分のみ網になっている頭からつま先まで文字どうり体全体をおおうブルカを着てみたことがある。ふとんむしにされたような圧迫感と、息苦しさを覚えた。歩こうにも、前が見えず歩けなかった。わずか数分しかもたなかった。「なぜこのようなものを身につけなければならないのか」と、激しい怒りがこみあげてきた。

というわけで個人的にはブルカを着る慣習には絶対反対。しかし、それでも、政府が禁止することには違和感を覚える。イスラム女性の議論とその結論を尊重したい。

■写真はアフテンポステンより。 上はヒジャブ、中はニジャブ、下はブルカ
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/article3494945.ece

■関連Fem-News
http://frihet.exblog.jp/9362672/
[PR]
by bekokuma321 | 2010-02-01 22:58 | ヨーロッパ