ノーベル平和賞授賞式が行われるオスロ市庁舎ホール

c0166264_324535.jpg

c0166264_22541220.jpg

c0166264_22542992.jpg



オバマ大統領が、ノーベル平和賞受賞記念式典にやってきた。授賞式は、12月10日、オスロ市庁舎ホールで行われた。この市庁舎ホールについて、オバマ大統領にも聞かせたい話がある。

オスロ市庁舎ホールについて、オスロ副市長アウド・クヴァルベインAud Kvalbeinは、こんなエピソードを披露した。

「12月10日に、オスロ市庁舎でノーベル賞受賞式を行います。とても誇りに思っています。それだけではありません。

クリスマスの時、ノーベル平和賞が行われるこのホールに、ホームレスの人たちや売買春婦、アルコールやドラッグ中毒の人たちが招待されるのです。招待するのは国会議員です。私は、このことを誇りに思っています。

今でこそ、ノルウェーは裕福な国に生まれ変わりましたが、私たちはとても貧しい国だったのです。そのことを忘れてはならないと思っているからです」

お正月に、東京都庁舎のホールに、ホームレスや性産業で働く女性たち、麻薬・アルコール中毒の人を招待して、おせち料理をふるまうようなものだ。そう考えると、信じがたい。平等への強い思い、それを実践する強い意志がなくては、とてもこのようなことはできない。

写真上:海側から見たオスロ支庁舎。
写真下:オスロ市庁舎ホールの壁画。注目してほしいのは、オスロ市庁舎内は、こうした労働者やレジスタンスの闘いが、広い壁一面に描かれていることだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-11 03:17 | ノルウェー