エッバ・ハスルンの言葉

NRK(ノルウェー放送協会)が、エッバ・ハスルンの生前の放送を、Webで紹介している。すでにおんとし90歳。その中から、「お年寄り」についての部分だけ、和訳する。

「時もう私は年寄りを20年間やっています。恥ずかしいことではありません。自然なことです。

耳はかつてのようには聞こえなくなりましたし、体は弱ってきています。

でも、この白髪は、キラリと鋭い頭脳を隠しているのですよ。

年寄りというは、人生のある時期なのです。死に向かうための待合室ではないのです。

年寄りは、白髪の大勢の人ではないのです。」

いよ~ッ、かっこいい!


出典NRKhttp://www.nrk.no/nyheter/kultur/1.3142880

関連サイト
(エッバ・ハスルンは、ノルウェーのフェミニスト作家。今年、91歳で亡くなった)
エッバ・ハスルン逝去
ベリット・オース、80歳の闘い
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-13 02:22 | ノルウェー