エッバ・ハスルン逝去

c0166264_23494135.jpgエッバ・ハスルンEbba Haslundが亡くなったことを、今日、偶然知った。享年91歳。

私の敬愛するベリット・オースの伝記『アスケールからの炎』(2008)を書いた小説家、脚本家だ。この本は、アスケールに住むベリット・オースの火を噴くような闘いの一生を友情とユーモアを交えて描いているのだという。昨年ベリット・オースの自宅にお邪魔した時、じき、その本が刊行されるのだ、とうれしそうに、私に話した。

「マリ子、私は80歳、エバは90歳。80歳の女性の闘いを、90歳の女性が描いているのよ」と、いたずらっぽく言った。2人は、それはそれは長い友情で結ばれていたのだという。そして、「エッバ・ハスルンのノルウェー語はとても易しいから、読めると思う。ぜひ翻訳しなさい」などとを言っていた。でも、それは無謀というもの。ノルウェー語の本を読めたらなんと素晴らしいだろう。

c0166264_2348164.jpgベリット・オースによると、エッバ・ハスルンは、偉大な作家であるだけでなく、政治家であり、フェミニストなのだという。保守党の議員だったというが、女性の権利では、左派のベリット・オースと同じ方向をめざしていたという。

そんなエッバ・ハスルンに、直接会って、いろいろ聞きたいことがあった。でも、もうお会いすることはかなわなくなった。残念だ。心から冥福をお祈りする。





関連サイト
http://frihet.exblog.jp/11292292/

上の写真はベリット・オースを祝う会に出席したスピーチをする、往年のエッバ・ハスルン。大きなサイズで見るにはhttp://www.hersketeknikker.no/turneapning.html

下の写真は、エッバ・ハスルン著『アスケールからの炎』。ベリット・オースの伝記だ。写真はベリット・オース。ベリット・オースは、2003年5月、大阪府豊中市の女性センター「すてっぷ」で講演をし日本の聴衆を魅了した。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-12 23:44 | ノルウェー