ノルウェー子ども・平等・社会大臣は男性

c0166264_394917.jpg左派社会党の国会議員のアウドゥン・リースバッケンAudun Lysbakkenが、子ども・平等・社会大臣となった。省の名称も、新しく変わった。

アウドゥン・リースバッケンは、ベルゲン市議会議員から、2001年、国会議員に選ばれた。大学ではフランス語と比較政治を専攻、左翼系新聞「Klassekampen」 の記者をしたこともある。妻の前夫との子どもともども一緒に住む。

子ども・平等・社会省は、2つの機能を持つ。一つは子ども男女平等省の仕事。一つは、労働・社会省の統合・多様性部の仕事だ。

写真はhttp://www.regjeringen.no/から転載

関連サイト
http://www.dagsavisen.no/meninger/article450308.ece
■ノルウェー内閣またしても男女半々http://frihet.exblog.jp/12715338/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-10 03:22 | ノルウェー