日本の女性国会議員率、世界123番目

c0166264_2015564.jpg日本の国会における女性割合(衆院)は、187カ国中121番目。IPUが、9月30日に発表した最新統計による。

前回は187か国中134位だったので、13ランク上がったといえる。これは、夏の衆院選で、女性衆議院議員が11.3%と初めて10%を超したことが影響している。

ただし、ノルウェーとポルトガルは、選挙中のせいか不明となっている。両国は、確実に日本より常に上位にあるので、この2カ国を加えると、実際は123番目となる。

Region(地域)の平均で最も女性率が高いのは、北欧43.2%。アジアは18.5%だ。北欧にアジアが近づけるには何年かかるだろうか。でも、そのアジアの平均にすら日本は及ばない。日本の11.3%はアジア諸国の足をひっぱっている。参考までに、過去の折れ線グラフを下に・・・

IPU
http://www.ipu.org/wmn-e/arc/classif300909.htm

関連サイト
http://frihet.exblog.jp/12238226/
http://frihet.exblog.jp/10715776/

世界の女性議員ポスター(左上の図を大きいサイズにダウンロードできます)
http://www.ipu.org/pdf/publications/wmnmap08_en.pdf

c0166264_19463938.jpg

IPUが以前作成したもの。北欧諸国はほぼ40%になっているが、世界の多くの国々の国会は男性の牙城であることがわかる。http://www.ipu.org/PDF/publications/wmninfokit06_en.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-09 19:14 | その他