同一価値労働同一賃金に実現のために~議員ととの懇談会

女性差別賃金を撤廃するための集会のお知らせです。

■■国会議員の皆さんとの懇談会■■

同一価値労働同一賃金に実現のために~ILO100号条約違反で申立て~

日本政府が1967年に批准しているILO100号条約(同一価値労働同一報酬原則)は、なぜ活用されないのでしょうか?

日本政府はILO条約勧告適 用専門家委員会から再三にわたり、差別をなくすための措置を取るよう求められています。また、国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)からも「第6次日本 政府レポート審議」を受けて厳しい「総括所見」が8月にだされました。

この間、男女賃金差別裁判を闘ってきた、闘っている女性たちの3組合がILOへ日本で初めて「ILO100号条約違反の申立てを行いました。どうしたら差別はなくなるのか、同一価値労働同一賃金の実現には何が必要なのか、なぜILOへ申立てを行ったのか、等々について国会議員の皆さんとの懇 談会を開催しますので、ぜひご参加下さい。                  

日時;2009年11月5日(木)11:50~12:40
                  (11:30開場)
場所;衆議院第一議員会館第2会議室(1階ロビーで11時30分より通行証配布)

共催;ユニオン・ペイ・エクイティ(UPE)
   商社ウィメンズユニオン
   全石油昭和シェル労働組合
   均等待遇アクション21
   問合せ 均等待遇アクション21事務局
   電話&FAX 03-5689-2320
   E-mail;kintou21@siren.ocn.ne.jp

http://www15.ocn.ne.jp/~kintou21/
http://acw2.org/news?id=321&lang=en
http://www.labornetjp.org/labornet/EventItem/1256618079718staff01
[PR]
by bekokuma321 | 2009-11-05 10:26 | その他