男女平等オンブッドのミーレさん来日講演

ノルウェーには、男女平等法がちゃんと守られているかどうかを監視する国家機関がある。男女平等オンブッドと呼ばれる。

オンブッドは、オンブズマンのことを指す。創設時、他はともかく女性の地位向上と男女平等にとりくむ機関は、オンブズマンより、性に中立なオンブッドがいいのではという議論が国会であり、こうなったらしい。第3代目男女平等オンブッド・アンネ・リーセ・リーエルさんが教えてくれた。

2003年11月、大阪豊中市の女性センター「すてっぷ」に、ノルウェーから現職の男女平等オンブッドがやってきた。4代目のクリスティン・ミーレさんだ。豊中市と福井県武生市で、ノルウェーの男女平等法やその推進策について講演し、多くの日本人をひきつけた。

中国新聞の編集委員・山内雅弥さんが、豊中市の「すてっぷ」の講演に参加し、すばらしい記事にしてくれた。Webでも読める。http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/interview/In03110201.html

男女平等オンブッドについては、「男女平等オンブッド―国際シンポジウム『男尊女尊の国からオンブッドを向かえて』報告集」が詳しい。1996年の第3代目男女平等オンブッド来日講演録に加え、その歴史、機能が日本人向けに詳述されている。「男女平等オンブッド」編集委員会が1997年に発行。http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/profile_book.html
[PR]
by bekokuma321 | 2004-12-31 09:04 | ノルウェー