ノーベル平和賞、オバマ大統領に

c0166264_22541220.jpgノルウェーのノーベル平和賞委員会のヤーグラン委員長は、2009年のノーベル平和賞受賞者がオバマ大統領に決まったと、発表した。核廃絶の国連決議にいたる並々ならぬ国際的交渉力が、評価された最大の理由のようだ。

授賞式は、12月10日、オスロ市庁舎で行われる。ノルウェーの報道では、ケニアで働いているオバマ大統領の妹アウマ・オバマは、来週、テレビ出演のためノルウェーにやってくる予定。

c0166264_22542992.jpghttp://nobelpeaceprize.org/en_GB/home/announce-2009/
http://www.nrk.no/nyheter/nobels_fredspris/1.6810805
http://frihet.exblog.jp/9882517/
http://frihet.exblog.jp/9848280/

写真はオスロ市庁舎ホールの壁画。労働者やレジスタンスの闘いが、広い壁一面に描かれている。ここで、12月10日、ノーベル平和賞授賞式が行われる。

オスロ副市長アウド・クヴァルベインAud Kvalbeinのスピーチに出会わせたことがある。オスロ市庁舎ホールについて、彼女は、こんなエピソードを披露した。

「12月10日に、オスロ市庁舎でノーベル賞受賞式を行います。とても名誉に思っています。それだけではありません、。このホールに、クリスマスの時、ホームレスの人たちや売買春婦、アルコールやドラッグ中毒の人たちが招待されるのです。招待するのは国会議員です。私は、このことを誇りに思っています。今でこそ、ノルウェーは裕福な国に生まれ変わりましたが、私たちはとても貧しい国だったのです。そのことを忘れてはならないと思っているからです」

お正月に、東京都庁舎のホールに、ホームレスや性産業で働く女性たち、麻薬・アルコール中毒の人を招待して、おせち料理をふるまうようなものだ。そう考えると、とてもとても信じがたい。平等への強い思い、それを実践する強い意志がなくては、とてもこのようなことはできない。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-10-09 19:34 | ノルウェー