米上院予算委員会、健康保険案を否決

アメリカ議会は、公的健康保険関係案を再び否決した。

9月29日開かれた連邦議会上院の予算委員会でのこと。法案は、公的選択案public optionと呼ばれる。オバマ大統領の公約だ。民主党のジョン・ロックフェラー4世、チャールズ・シューマーの両議員が、それぞれ法案を提出し、その利点を発言。しかし、両議院の法案は、最初15対8、次に13対10で否決された。

上院での主な反対意見は;
「政府の公的保険制度は、民間の保険会社をつぶしてしまう」
「結果として健康保険制度を唯一行政に担わせることになり、競争がなくなる」
「公的保険制度をひとつの支払い主(政府)にゆだねることは、大災難を招く」

ノルウェーなど北欧諸国は通院も入院も、ほぼ無料だ。それを日本で話すと、ため息とともに、日本の医療サービスは高く、貧しい人にとっては酷だという声があがる。

しかし、アメリカに比べるとこの日本も極楽に見えてくる。アメリカには、日本で当たり前の国民健康保険制度がないからだ。病気や怪我の不安は誰にもつきまとう。高齢社会に向かって、その不安は高まる。また女性は、何かと病院のせわになりがちだ。子どもや家族の健康管理を担うことも多い。私は、公的健康保険のない国など怖くて住めない、と思ってしまう。

アメリカの健康保険改革への道は実に多難のようだ。しかし、めげずに闘っているアメリカの人たち、とりわけ、女性たちに敬意を表したい。

全米女性連盟NOWの運動
http://www.capwiz.com/now/issues/alert/?alertid=14105021

オバマ大統領の健康保険改革(NY Times)
http://www.nytimes.com/2009/08/16/opinion/16obama.htm?_r=1
[PR]
by bekokuma321 | 2009-09-30 10:42 | USA