アメリカの保守層、国連性教育ガイドを猛攻

9月3日のニューヨークタイムズによれば、アメリカの保守層と宗教界は、ユネスコが発行を予定している『性教育ガイドライン』の原稿を攻撃し続けている。

『性教育ガイドライン』は、若者のHIV感染などの対策に役立てるため、ユネスコUNESCOが、2年間かけて、WHOやユニセフUNICEFと共同ですすめてきた。

ユネスコの担当者は「15歳から24歳のわずか40%しか、性に関する正確な知識を持っていません。この本の目的は、若者の命を救うための知識や情報を知らせることです」と語る。

この背景に、以下のような事実をあげる。
①10歳から24歳の人々のうち、新たに性感染症にかかったケースは少なくとも1億1100万にのぼる
②出産した女性の10人に1人は10代の少女である
③15歳から19歳までの少女の440万人が妊娠中絶をした

一方、保守層は、編集段階から、「詳細すぎる」「世界の異なった国に流すには情報が画一的すぎる」「親の責任が書かれていない」などと批判している。この批判に呼応するように、UNPF(国連人口基金)は、同プロジェクトから名前を削除する意志を固めたもようだ。

『性教育ガイドライン』の最終稿は、この月曜日、イギリスのバーミンガムで開催される国際会議で公表される予定。

■ニューヨークタイムズ
http://www.nytimes.com/2009/09/03/world/03unesco.html?_r=1

■ユネスコ
http://portal.unesco.org/en/ev.php-URL_ID=42114&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

■第4回国際性教育大会@バーミンガム
http://www.sre2009.org/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-09-05 10:48 | USA