ノルウェー政党党首、男女賃金格差解消で熱戦

c0166264_443547.jpgノルウェーも、9月に総選挙がある。1人でも多くの議員を当選させようと政党がやっきとなっている点は同じだ。しかし大きな違いは、選挙の争点だ。ノルウェー選挙の最大の争点は、男女賃金格差の解消なのである。

ノルウェーの男女の平均賃金は、100対85。日本女性からするとうらやましい数字だが、ノルウェー女性にとっては、我慢ならない。

男女賃金格差解消を具体的にどうするか。選挙をひかえ討論会が活発に開かれている。8月18日には、党首を招いて「リーケルン党首討論会」が開かれた。リーケルンとは、男女同一価値労働同一賃金にあたるノルウェー語。

写真は、ネットで公開された18日の党首討論会。労働党代表(男女平等子ども大臣、左から3人目の女性)、保守党党首(左から5人目の女性)、進歩党党首(左から6人目の女性)、左派社会党党首(財務大臣、左から7人目の女性)。それにしても、党首に女性が多いことよ。

「リーケルン闘争」の中心的担い手に、筆者が直接取材したところによると、「あの進歩党までが、選挙後、優先課題としてとりくむと賛成した」と言っていた。進歩党は、ノルウェーでは極右をみなされている政党であり、本気なのかと驚いた。この党は、移民排斥、税負担の縮小、クオータ制反対をかかげていた。前国会で第2党の勢力となり、今も人気が衰えず、反社会主義政党と組んで与党となる可能性もある。

選挙を前に、進歩党党首は、「リーケルンを達成するために、選挙後100日以内にリーケルン達成に向け委員会を立ち上げる」と、たんかをきった。

出典https://www.sykepleierforbundet.no/inter

関連記事 
■ノルウェー総選挙は「男女賃金格差の解消」が最大の争点
http://janjan.voicejapan.org/world/0908/0908178849/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2009-08-24 03:55 | ノルウェー