イラン大統領選挙と女性

6月12日、イラン大統領選挙があった。まだ結果は不確定。

現職の保守強硬派アハマディネジャド大統領に、対外協調を訴える改革派ムサビ元首相が挑戦した。国会議員の、290人中およそ200人が現職大統領支持を表明している下での選挙だが、日増しに、挑戦者ムサビ元首相の勢いが増してきていた。

この選挙では、ムサビ元首相の妻ザハラ・ラフナバルZahara Rahnavard さんが、夫の選挙運動の前面に立ち演説をした。これは、報道によるとイランで初めての歴史的事件だという。

ザハラさんは、テヘラン大学教授。選挙集会では、どこでも、「女性の権利拡大」を訴えている。相手陣営から、「グラデュエイト・コースの入試を受けないなど大学の規則に違反している」などと攻撃を受けたことに、強く憤り、「私への侮辱は女性全体への侮辱だ」と、提訴も辞さないかまえだ。

CNNの動画には、ムサビ大統領候補側が集まったアリーナにおいて、大勢の女性が興奮しながら支援している姿が写っている。その一人は取材陣に、「私がムサビを応援しているのは、彼がザハラ・ラフナバルを妻にしているからです」とキッパリ。

他の報道によると、ザハラ・ラフナバルは、女性解放に向けて明解なメッセージを発している。

「なぜ、、イランの大統領候補に女性が一人の候補にもならなかったのでしょう? なぜ、内閣に一人の女性もいないのでしょう? なぜ、家庭の主婦が保険で保障されないのでしょう?」

「これらは変えなければなりません。差別をなくし、男性と同じ権利を要求すること、これこそが、イランの女性たちにとって最大の優先課題なのです」

当然、自由を求めてやまない若い女性たちを中心に、支持が拡大している。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8093366.stm
http://www.smh.com.au/world/irans-michelle-obama-zahra-is-the-countrys-new-political-star-20090612-c5mc.html
http://www.nytimes.com/2009/06/08/world/middleeast/08iran.html?_r=2
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/may/05/iran-elections-women
[PR]
by bekokuma321 | 2009-06-13 10:43 | 中東