ノルウェー、国連改革に男女平等を強調

国連会議において、ノルウェー代表は国連改革と国連組織における男女平等の推進を先頭にたって訴えている。今年になってからの主要な2つ要訳する。

1月には、UNDP/UNFPAの幹部会議において、その主要政策部門に、男女平等の視点を入れることを強調した。フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、カナダ、韓国の6カ国での共同声明をノルウェーが代表して発表した。

男女平等推進を焦点にあてるべき理由は:
1)「女性抜きに、紛争からの回復など不可能である」
2)「女性抜きに、持続可能な発展など不可能である」
3)「女性の声なしに、民主主義体制構築など不可能である」
4)「女性の貢献なしに、貧困の撲滅など不可能である」

上記の指摘はわが国政府も耳を傾けるべきである。さらに、「UNDPは、各国政府と協力しあって、その国のジェンダー予算の進捗状況を調査する」と提案している。つまり国の全予算のうち男女平等と女性の地位向上にどの程度使われているか、その予算はどの程度増えているか、ということだ。日本政府も関心を持ってほしいものだ。
http://www.norway-un.org/Statements/220109_GenderUNDP.htm

3月には、System Wide Coherenceにおいて、国連改革には男女平等の視点が必須であると強調した。こちらは、北欧5カ国―フィンランド、スウェーデン、デンマーク、アイスランド―を代表してノルウェー大使が発表した。
http://www.norway-un.org/Selected+Topics/reform/300309_NordicGender.htm
http://www.un.org/events/panel/


◆国連女性の地位委員会における、最近のノルウェー演説は
http://frihet.exblog.jp/11289792/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-10 16:03 | その他