アメリカのバーモント州議会、同性婚法を可決

4月2日、アメリカのバーモント州議会は、94対52の大差で同性婚法(S115)を可決した。

同性同士の結婚制度が認められているのは、全米でマサチューセッツ州、コネクトカット州だが、2州とも裁判の判決によって合法であるとされたのであり、議会における立法として可決されたのはバーモント州のみであると、「ニューヨークタイムズ」は報道している。

同性の結婚制度を求める運動体「バーモント結婚の自由」は、「この圧倒的勝利は、これまでの長い闘いの賜物。ありがとう!」とメッセージを送っている。

バーモント州は2000年、全米で初めて同性カップルに対して「シビルユニオン」を認めた州である。同性婚法(S115)は、「シビルユニオン」ではカバーされていない、結婚しているカップルに認められた全ての権利を、同性カップルにも認めるというもの。

このたびの同性婚法に反対しているバーモント州知事は、「シビルユニオン制度によって同性カップルは十分な権利を享受できる。同性婚法よりもこの不況の折、雇用の創出などに集中すべきだ」というようなコメントを出している。今後、州知事は拒否権を行使するとされる。

同法案をめぐって、バーモント州議会上院は、3月第3週、公聴会を開いた。10代の子どもたちから年配の牧師まで大勢の市民が賛否両サイドから証言。モントピリアにある州議会には1000人が集まったという。この州都は人口が8000人ほどしかいない静かな町であることを考えると、ものすごい数だ。

そして同法案は、3月23日、26対4で上院で可決され、下院に回っていた。

3月3週にバーモント州議会の市民証言の会―公聴会―が映像と録音で公開されている。同性カップルの人、同性カップルを親に持つ子、同性カップルのいとこを持つ女性、同性カップルの牧師などなど・・・。住所と実名を明かし、法案になぜ自分が賛成かを述べる。もちろん、反対派も同じ数の人が同じ条件で、なぜ自分は反対かを述べる。反対派はキリスト教の教えから法案に異議を唱える人が多いようだ。1人につき2分の時間厳守により、できるだけ多くの市民に発言の機会を与えている。

同性婚法案に対する市民の強い政治的関心、市民の声を一人でも多く聞こうという機会を保障したバーモント州議会の寛容さ・・・・。市民の市民による市民の政治であろうとする意思を見る思いだ。

http://www.vpr.net/episode/45682/
http://www.leg.state.vt.us/docs/2010/bills/Intro/S-115.pdf
http://www.vtfreetomarry.org/
http://www.nytimes.com/2009/03/21/us/21vermont.html?_r=1&partner=rss&emc=rss&pagewanted=print

参考:「ノルウェー 新年から新婚姻法施行――同性婚が異性婚と同等に」http://www.news.janjan.jp/world/0901/0901125225/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2009-04-04 18:26 | USA