NHK BS1で「取締役クオータ制」

「取締役に女性40%を強制せよ、と提言しているよ」と家族が、起きがけの私に言った。

エッ、夢か真か! BS1テレビ・土曜午前の討論番組だった。題して「ジェネレーションY~地球未来図~『外国人大激論 ここがおかしい!?男女平等』」

若者たちが、あるテーマをもとに激論を戦わす番組で、今日は「男女平等」。ノルウェー人のリーナが、ノルウェーの「当たり前」を日本の番組で紹介する。そのほか、ノルウェーだけでなく多くの国で当たり前になっている「夫婦別姓か同姓かを選べる制度」、「男性の育児休暇制度」など、日本ではまったく前進しない、重要なテーマが提案される。そして、どうしたら日本が男女平等になるかを考える。

今日のメインテーマ、会社の取締役を男女半々にしようという制度は、2003年ノルウェーで成立した。ノルウェーでは、政治の世界の男女平等は、すでに80年代から制度化されている。最後の男の牙城、経済界を男女平等にするための大胆な試みは大成功。すでに、大企業はすべて取締役の40%以上を女性にした。

ノルウェーの制度について、『週刊金曜日』(2009年3月6日発売号)参照。
タイトル:「取締役クオータ制」で女性重役急増のノルウェー経済界

■NHK番組表http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-03-14&ch=11&eid=16123
[PR]
by bekokuma321 | 2009-03-14 12:51 | アジア・アフリカ