ノルウェー「取締役クオータ制」とILO

国際女性デーにちなんで、国際労働機構ILOは、国際的経済不況における女性失業者の問題を公表した。

ILOによると、女性失業者は世界中に2200万人に上る。不安定労働についている女性が多く、不況の波が直撃する。しかも、不況回復の公的施策は女性労働者には直結しない。そもそもこの不況前から女性は低賃金で安全弁のない職場にいた。とりわけ子育て中のシングルマザーの失業回復に向けて特別の女性政策が必要。---と女性に向けた政策の必要性を強調している。

ILOの国際女性デー記念行事は、3月6日ジュネーブ本部において、ノルウェーのシェル株式会社専務取締役などを招いて開かれた。

ILOは、ノルウェーの「取締役クオータ制」に関心を寄せ、数年前から調査・啓発を続けている。「取締役クオータ制」とは、会社の取締役会のメンバーの40%を女性にしなければならないとするもの。経済界の多様性と男女平等を目的にした法律で、ノルウェー国会が、2003年決定した。

ノルウェーの「取締役クオータ制」については、3月6日(金)発売の『週刊金曜日』に詳しい。「『取締役クオータ制』で女性重役急増のノルウェー経済界」(三井マリ子)。

http://www.ilo.org/public/english/bureau/dgo/speeches/somavia/2009/women.pdf
http://www.ilo.org/global/About_the_ILO/Media_and_public_information/Press_releases/lang--en/WCMS_075509/index.htm
[PR]
by bekokuma321 | 2009-03-10 08:33 | その他