昭和シェル石油女性差別賃金裁判は晴れのち曇り

c0166264_1543163.jpg昭和シェル石油女性差別賃金訴訟で最高裁は原告・被告双方の上告を棄却した。それによって、高裁判決が確定した。

「昭和シェル石油は女性差別をした。原告の野崎光枝さん(写真)に損害賠償2051万円を支払え」という命令だった。

女性差別で労基法違反とされた大会社が2000万円以上の賠償を一人の女性に支払うーーー現在の日本の司法では朗報かもしれない。

だが、しかし、これは1審判決から大きく後退し、女性差別を認めた内容で、野崎さんにとっては「認め難い」結末となった。

詳しくはインターネット新聞
http://janjan.voicejapan.org/business/0902/0902076992/1.php

FEM-NEWS記事は
http://frihet.exblog.jp/10825569/
[PR]
by bekokuma321 | 2009-02-09 21:08