オバマ、公平賃金法に署名

1月29日、オバマ大統領は、リリィ・レッドベター公平賃金法(Lilly Ledbetter Fair Pay Act)に署名した。大統領就任後の最初の法律が、賃金の平等を求めるものだったことに、アメリカ女性たちの歓喜の声がl聞こえてきそうだ。オバマの選挙公約のひとつでもあった。

オバマ大統領は、女性差別賃金の是正を求めて闘い、同法案のきっかけを作ったリリィ・レッドベターさんを招き、彼女の目の前で長年の功績をたたえた。そのスピーチは、聞き逃せない。
http://www.nwlc.org/fairpay/

大勢の女性議員たちに囲まれて大統領が署名する写真は、見ものである。http://www.now.org/issues/economic/012909ledbetterty.html
http://www.nytimes.com/2009/01/30/us/politics/30ledbetter-web.html?_r=1

法律は、またの名をリリー・レッドベター法。アラバマ州在住の女性リリー・レッドベターさんが、タイヤメーカー会社を相手取って起こした訴訟。タイヤメーカーを退職後、同じ仕事の男性従業員より賃金が低いとわかって提訴した。しかし、最高裁は、賃金が最初に支払われた日から6ヶ月以内に提訴しなければ無効と判断し、レッドベターさんは敗訴した。

民主党が中心となって議会に提出し可決された「公平賃金法」は、最後に支払われた日から6ヶ月以内であれば提訴できるというもの。これで賃金が公平になるわけではなく、訴訟がやりやすくなるというだけのことだ。オバマ大統領も「これは第一歩だ」と言っていた。

この法は、性差別だけでなく、人種、宗教、国籍、年齢などによって賃金差別を受けた従業員が起こす訴訟要件を緩和するものだ。

この法案成立に向け、女性団体を中心に、国会議員に熱心にロビー活動が続けられていた。オバマ大統領も、署名前のスピーチで「超党派でこの法案成立のために闘った運動家たちに感謝する」と述べた。

補足するが、この女性差別をしている会社は、ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバ-・カンパニー。世界一のタイヤ会社だ。日本では、同社100%出資の日本法人として、「日本グッドイヤー株式会社」が設立されている。住友系のゴム会社。日本各地に支店がある。


【関連記事】

オバマ大統領の女性政策については、インターネット新聞を(日)
http://janjan.voicejapan.org/world/0811/0811070987/1.php

リリィ・レッドベター公平賃金法案 (英)
http://www.nwlc.org/fairpay/pendinglegislation.html

米連邦上院議会での平等賃金法案について(英)
http://www.now.org/press/01-09/01-22a.html

米連邦下院議会での平等賃金法案について(英)
http://www.now.org/press/01-09/01-09.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-02-04 11:09 | USA