オバマ、「世界緘口令」を廃絶

23日のフェミ二スト・マジョリティ基金や英米報道によると、オバマ大統領は、Global Gag Rule(世界緘口令)廃止に踏み切った。

この大統領指令によって、世界中の、とりわけアフリカの家族計画・避妊指導が前進し、数え切れない女性たちの命が救われることになる。

Global Gag Rule(世界緘口令)とは、ブッシュ政権が2001年に行った「メキシコ・シティ・ポリシー」を意味し、フェミ二スト団体が名づけたもの。この名の下、女性たちは、8年間、廃絶に向けて運動をしてきた。今回のオバマ大統領指令によって、この「メキシコ・シティ・ポリシー」は廃止される。

「メキシコ・シティ・ポリシー」とは、妊娠中絶に関して研修や広報を専門とする団体に対してのアメリカの資金援助を禁じる政策をさす。このポリシーによって、アフリカでは、中絶や避妊を支援するNGOなどの諸団体は、資金供給、技術支援、避妊薬を断ち切られてきた。その結果、不衛生な中絶、またはHIV感染の増加などにつながり、年間7万人以上の女性が死んでいるとされている。

アメリカの女性団体は、女性運動の勝利であると、オバマ大統領の初の大統領指令を大歓迎している。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/7847651.stm
https://feminist.org/
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/23/barack-obama-foreign-abortion-aid
http://janjan.voicejapan.org/world/0811/0811070987/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2009-01-24 09:27 | USA