国際シンポジウム「世界は進む、日本は進まず」

■■国際シンポジウム■■

「世界は進む、日本は進まず―パリテ、クオータ、男女共同参画―」

日本の女性議員比率は世界182カ国中139位、全体の9.4%にすぎません(衆議院)。
政策決定の場に10%以下しか女性の代表を送り込んでいないのです。日本の女性
たちが初の参政権を行使した1946年の衆議院選挙における女性議員率は8.4%でし
た。この数字を史上初めて塗りかえたのが先の衆議院選挙。わずか1%増やすた
めに60年間もの年月がかかったのです。

紛争後の国内復興過程で女性議員世界一をなしとげたルワンダ、
元祖クオータ制の国ノルウェー、
性役割の強いラテンの国で女性大統領を誕生させたチリ、
クオータ制を法制化した韓国、
そして、日本。

各国の女性議員増に向けての戦術をうかがいます。
「世界は進む、日本は進まず」から「世界は進む、日本も進む」といえる日をめざして!

■日時   2009年1月24 日(土) 午後2時~5時

■会場  文京区男女平等センター(東京都文京区本郷4-8-3)
http://www.bunkyo-danjo.jp/

■報告者
写真はこちらhttp://www.afer.jp/news/2008/20081124_more.html

ルワンダ:アリス・カレケジAlice Karekezi (国際弁護士)女性国会議員率世
界第1位56%の背景とそのメカニズム

ノルウェー:カーリ・ヒルトKari Hirth (ノルウェー王国大使館)80年代に法
律でクオータ制を定めた元祖クオータ制の国の制度、運動、最新情報

韓国:チャン・ジョンファン(韓国大使館)比例制選挙枠にクオータ制を導入す
るまでの経緯と実行後の女性議員の現状と問題点

チリ:後藤政子(神奈川大学教授):性役割の色濃いラテンの国チリ初の女性大
統領がつくりあげた男女半々内閣に到るまで

日本:赤松良子(WINWIN代表、元文部大臣) 世界139位9.4%と女性議員が極端
に少ない日本。誰が何をどうすればいいのか

■参加費  1000円(資料代を含む)
■主催 全国フェミニスト議員連盟
http://www.afer.jp/
■連絡先/木村民子(全国フェミ二スト議員連盟国際部・事務局)
Eメール info@afer.jp
[PR]
by bekokuma321 | 2009-01-20 11:45 | アジア・アフリカ