イラン当局、エバディ弁護士の活動拠点を閉鎖

イラン当局は、2003年ノーベル平和賞を受賞したイランの弁護士シリン・エバディさんの事務所を閉鎖した。

エバディ弁護士は、イラン初の女性裁判官だったが、革命の影響により1979年に辞職。その後、大学講師などを務めながら女性や子どもの権利活動を続けてきた。保守派から弾圧され、逮捕された経験もある。

報道によると、2008年12月29日、当局は彼女の事務所からパソコンや極秘情報を押収した。当局は彼女が納税違反をしているなどという罪状を語っているものの、彼女は、この15年間、いっさい相談料を受け取っていない。

Feminist Majority Foundationによると、当局は、すでに12月21日(日)、エバディ弁護士や女性運動家たちが2000年に設立したNGOの人権運動団体を令状なしに閉鎖している。その日、同団体は世界人権宣言60周年記念行事を計画していた。

フランス政府は1月7日(水)、パリ駐在するイラン領事を呼び、エバディ弁護士や同僚たちに対する「許しがたい脅迫状態」と、抗議の意を示したとされている。

http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-iran-ebadi3-2009jan03,0,7406858.story
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/21/AR2008122100676.html
http://feminist.org/news/newsbyte/uswirestory.asp?id=11454
http://www.campaign4equality.info/english/spip.php?article424
http://www.campaign4equality.info/english/spip.php?article432
[PR]
by bekokuma321 | 2009-01-08 11:18 | 中東