ノルウェーのクオータ制

ノルウェーの保健・ケアサービス大臣が来日するというニュースが届いた。目的は、ノルウェーでは、さらに質の高いケアサービスが求められており、海外の実例を視察して制度改革への参考にするためだという。

ノルウェー国民の声は、直接または専門委員会を通じて聴取してきていることが報告されている。

こうした国家レベルの制度改革には、日本でもノルウェーと同様、審議会や委員会を新設して、そこで中・長期的な視点で調査研究、審議するのが一般的だ。

日本との大きな違いは、こうした公的な委員会・審議会・協議会の構成員は、一方の性が40%を下回ってはいけないことだ。これを性によるクオータ制と呼ぶ。

つまり、10人構成なら、女性6、男性4人とするか、その逆、または男女半々でなくてはならない。保健・ケアサービス大臣直属の制度改革専門委員会のメンバーは14人で、女性7人、男性7人の半々である。

名前だけだと性別がわかりにくいが、全メンバーの写真が公表されているので、日本人にもわかりやすい。
http://www.regjeringen.no/en/dep/hod/kampanjer/the-coordination-reform/team-of-experts.html?id=524785

ノルウェーでは、80年代から、すべての公的な決定機関が、このようにクオータ制を順守しなくてはならないとなっている。性による偏りのない制度、政治をつくりあげるためには、ノルウェー方式にもっと注目すべきだ。


ノルウェーだけでなく世界のクオータ制については、本ブログ左欄タグの、「クオータ制」をクリック……。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-01-06 18:44 | ノルウェー