世界で最も女性取締役が多いのはノルウェー

ガーディアン紙による、「世界の会社取締役における女性」についての記事を要約して紹介する。

「ある人が会社の取締重役の空席を埋める必要がでてきた場合、まず頭によぎるのは、よく知っている信頼のおける人のはずです。ですから男性たちのネットワークに入ってない女性たちは取締役になれないのです」

ノルウェーのエリ・セッテルモーエン(43)は、女性を阻む高くて厚い壁について、こう言う。ところが今、彼女は、10社の取締役に就き、そのうち4社の取締役会議会長となっている。なぜ、彼女が、この高くて厚い壁を超えることができたのだろう。

彼女が財界のトップ決定機関にはいることができたのは、彼女にいわせると、「2003年の法律です」。

2003年の法とは会社取締役クオータ法だ。

ノルウェーでは、1987年、男女平等21条で公的政策決定の場は一方の性が少なくとも40%でなくてはならないと規定した。それから20年以上、経済界の男女平等はなかなか進まない。その厚い壁を乗り越えようとした驚くべき法律、それが会社取締役クオータ法だ。

2003年から5年、アメリカの調査団体カタリストは、世界で最も取締役における女性率が高い国はノルウェーであると発表した。トップ10は以下のとおり。

1 ノルウェー44.2%
2 スウェーデン26.9%
3 フィンランドF25.7%
4 デンマーク18.1%
5 アメリカ(フォーチュン500)14.8%
6 カナダ (FP500) 13%
7 オランダ12.3%
8 イギリス11.5%
9 アイルランド10.1%
10 ドイツ7.8%
(European Professional Women's Network, Catalyst)


http://www.europeanpwn.net/
http://www.catalyst.org/
http://www.guardian.co.uk/world/2008/nov/17/norway-gender-executive-salaries
http://www.guardian.co.uk/world/2008/nov/17/norway-gender-executive-salaries1
http://www.regjeringen.no/en/dep/bld/Topics/Equality/rules-on-gender-representation-on-compan.html?id=416864
http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/nor_jjyoseiyuyaku.html
[PR]
by bekokuma321 | 2008-11-29 22:41 | ノルウェー