ソマリアで13歳の少女に石打の刑

11月2日付けガーディアン紙によると、ソマリアで、強姦をされた少女が、公衆の面前で石打の刑を執行され殺害された。強姦した加害者でなく被害者が「姦通罪」の汚名をきせられて殺害されたということ、被害者が13歳というまだ子どもであることに、言葉を失ってしまう。

こういう「名誉殺人」がイスラム慣習の名のもとに(もともとはそうではないという説もある)残っている国がある。国際社会は、一日も早くやめさせるために、とりうるあらゆる手段を探し、ただちに実行すべきだ。

http://www.guardian.co.uk/world/2008/nov/02/somalia-gender
[PR]
by bekokuma321 | 2008-11-02 23:59 | アジア・アフリカ