ベネチア・レガッタと女性センター

今、私の左腕で、ベネチア女性センターがつくった時計が時をきざんでいます。文字盤のデザインは、ゴンドラに人魚です。

c0166264_20472143.jpg
この時計をプレゼントしてくれたローマの友人は、ベネチア女性センターアドバイザー。時計のいわれを教えてくれました。

ベネチアの女性たちは、女性運動がさかんだった6、70年代、空いている建物を女性の駆け込み寺に占拠したりはしませんでした。当時、ローマはもちろん、ヨーロッパ各地で、女性たちは空き建物を占拠し、そこに住みこんだりしました。違法をものともせず…。では、ベネチア市には女性センターはないのか。実は、1980年代はじめ、ベネチア市が自ら、女性のための場所、女性センターを女性たちに提供しました。

ベネチア女性センターは女性が駆け込んだり、集まれる場所というだけでなく、特別な企画が生まれる場です。劇、映画、ショー、討論、訓練コースなどなど。また、センターの図書館はベネチア市の女性運動の記録を発掘、保存する場です。

ベネチア女性センターは、女性文化の発展に大きく貢献してきました。今、最も重要な事業は、暴力を受けるなど困難な状況に置かれている女性たちに、法的、心理的、社会的サポートをつづけることです。最近では、男女を問わずベネチア市民の生活に、ベネチア市がもっと近くなるため、さまざまな活動をしています。

そのひとつが、ベネチア名物ゴンドラによるレガッタ(舟こぎ競争)への女性の参加を促進することです。

ベネチアのレガッタは、毎年9月初めに開かれるこのベネチアの一大行事です。13世紀に起源をもつこの歴史的ゴンドラ競技に、女性が参加したのは15世紀になってからだそうです。その後、女性のレガッタは、長年、とだえてしまいます。禁止されたのかどうかなど詳細は不明です。19世紀にはいって、ベネチア共和国時代を呼び起こすかのように、往年の衣装を身に着けた舟による壮大なイベントが再開。でも、女性のこぎ手は参加できませんでした。

しかし、ゴンドラに野菜や果物を積んで運搬してきたのは女性たちです。なんで女性のレガッタがないのか! 

というわけで、女性運動が盛んだった1977年から、装いもあらたに女性のレガッタが登場しました。

現在、ベネチアのゴンドラ競技には4つの方式があり、そにひとつが"mascarete"と呼ばれる女性のレガッタです。ベネチア女性センターは、この"mascarete"を後援しています。その関連グッズがこの時計、というわけです。

レガッタの日は、朝から舟で出かけたり、湾岸の眺めのいい場所をとって、ワインを飲みながら、レガッタ競争のスタートを待ちます。そして、ひいきのゴンドラが近づいたら、ワンワと応援しまくるのだそうです。世界の観光客を魅了するゴンドラ漕ぎとは違う、イタリア国民の楽しむゴンドラ漕ぎです。

女性を排除してきた長い伝統的イベントを女性にも開かれたものにするーーどれだけ長く苦しい闘いをしなければならないことか。たとえば日本の相撲は、女性なら知事であっても土俵に上がって賞を上げることをまだ日本相撲協会は許してません。奈良県の大峰山は「1300年の伝統だ」とか言って、まだ女人禁制です。

進歩の時を刻むベネチアにそのヒントがありそうです。

http://www.comune.venezia.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/IT/IDPagina/135

ベネチア女性センター
[PR]
by bekokuma321 | 2008-10-27 20:48 | ヨーロッパ