チリ初の女性大統領がやってきたこと

「マッチョ」なラテンの国チりに女が大統領に就任したというニュースが流れたのは、2年半前だ。シングル・マザーで、小児科医のミシェル・バチェレMichelle Bachelet は、チリ国内の女性たちの圧倒的支持を得、ラテン諸国のみならず世界各地の女性たちに、夢と希望を与えてきた。

ミシェル・バチェレ大統領は、就任してから数々のフェミニスト的政策を実現してきた。開発における女性の権利協会AWID(Associantions for Women's Rights in Development) が、彼女の活動と成果を追っている。

同メディアによると、ミシェル・バチェレ大統領は、これまで次のような政策を実行したという。ブラボー!

1)「正義と美の法」と彼女が呼ぶ、職場での授乳の許可
2)離婚後の女性への慰謝料不払に対しての厳罰化
3)何百もの保育所と、女性と子どもたちのためのDV駆け込みシェルターの新設
4)内閣をはじめ行政トップへの男女平等任命
5)海軍予備校に女性の初入学
6)14歳の女子への避妊薬の無料提供

詳しくは http://www.awid.org/eng/Issues-and-Analysis/Library/Chile-s-Feminist-President/%28language%29/eng-GB
[PR]
by bekokuma321 | 2008-10-22 23:58 | 中南米