リオの市長

ブラジルのリオデジャネイロ市市長選はおもしろそうだ。ガーディアン紙によれば、当選確実されているFernando Gabeira さんは、急進的な革命家。60年代に、軍事政権を牛耳っているアメリカ政府に抗議し、ブラジル駐在アメリカ大使を誘拐した前歴を持つ。

彼は、犯罪の温床となっている警察がらみの暴力の根絶を公約している。その一方、マリファナの合法化、同性同士の結婚、性産業に従事する人たち(売買春婦)の安全を保障するための法改正に賛成を表明している。

http://www.guardian.co.uk/world/2008/oct/25/fernando-gabeira-rio-de-janeiro
[PR]
by bekokuma321 | 2008-10-25 12:05 | 中南米