c0166264_17291430.jpg

ハリウッドの大物プロデューサー、ワインスタインの性暴力が「ニューヨーカー」と「ニューヨーク・タイムズ」に暴露されたのは、2017年10月だった。

すると堰を切ったように「私も」「私も」と女たちの告発が続いた。ツイッターによる「#Me Too(私も)」は世界中に広がり、今も止まない。

中でも、スウェーデンのそれは怒涛の勢いだ。映画・演劇界では、オスカー受賞者アリシア・ヴィキャンデルを含む653人。オペラ界では世界的ソプラノのニーナ・シュテンメを含む690人。司法界では女性弁護士が、「セクハラ容認文化を根絶しよう」という署名運動をし、あっという間に6000人に達した。

「なんで男女平等の国スウェーデンで?」と聞かれるが、「男女平等の国だからこそ」ではないか。

それに対して、見よ、この日本社会の静けさ。詩織さん事件への日本政府の無関心は、いったいなんなんだ! せめて、女性議員だけでも、雇用機会均等法のセクハラ規定を、努力義務から罰則つきの強行規定にするよう国会でガンガンやるべきだ。

上のポスターは、スウェーデンで、20年前、セクハラ防止キャンペーンのために作られた。ポスター下欄に書かれた若い女の子たちへの呼びかけが、胸打つ。上の画像では見えにくいので、「I 女のしんぶん」の「叫ぶ芸術 ポスターに見る世界の女たち」をどうぞ。


【スウェーデンと並ぶ男女平等の国ノルウェーでも、#MeToo運動の勢いはやまない。関連ニュースの英語サイトはこちら】
#MeToo: Over 100 known complaints at Norwegian colleges and universities
#MeToo continues in Norway with reports of council, Progress Party cases
#MeToo: Norway harassment whistleblowers criticise media over treatment
178 people in Norway's media industry experienced sexual harassment: report
[PR]
# by bekokuma321 | 2018-02-18 17:44 | 北欧

政府の「女子どもいじめ」は目に余る。昨日、全国フェミニスト議員連盟は、厚労大臣、財務大臣に対して、「北京行動綱領」を忘れるな、とする憤りの声を届けた。

c0166264_127449.jpg============
厚生労働大臣 加藤勝信様
財務大臣 麻生太郎様

2018年2月15日

生活保護基準引き下げと母子加算減額に強く反対します

全国フェミニスト議員連盟は、女性議員を増やすことで格差の少ない男女平等の社会をめざして運動を続ける市民と議員の団体です。

私たちは、このたびの厚生労働省による生活保護基準の引き下げを到底容認できません。ここに、その撤回と、母子加算減額を取りやめるよう強く求めます。

生活保護基準引き下げは、女性と子どもの貧困問題をさらに悪化させ、人らしく生きることを否定し、憲法13条の幸福追求権、憲法25条の生存権を揺るがす、許しがたい政策です。

国連「北京行動綱領」を順守する責務を持つ日本政府は、同綱領「貧困と女性」にある「余りにも多くの国において,社会福祉制度が貧困の中で暮らす女性の特別の状況を十分に考慮せず,しかも,そのような制度の提供するサービスを縮小する傾向が見られる」(52項)とする警告を尊重すべきです。

同綱領は政府に対して「貧困の中で暮らす女性が経済的逆境に耐えて危機の際に生計、資産及び所得を保持することができるようにするため、社会政策の不可欠な一環として、十分な安全網を提供し,国及び地域社会を基盤にしたそれぞれの支援制度の強化を行うこと」(58項)を求めていますが、本政策はこれに著しく反します。

厚労省は、生活保護基準の見直しで、食費や光熱費等の生活費にあたる「生活扶助費」の基準額を最大1割引き下げ、母子加算等も2割削減する方針を打ち出し、2018年10月から段階的に実施するとしています。その引き下げ幅は11%から19%だと報道されたものの、国民の反対を受けて、削減は最大5%に抑えるとの報道もありますが、たとえそうであっても生活保護世帯の子どもや親たちの生活に多大な影響を及ぼすことは明白です。

生活保護基準引き下げは、就学援助など、各種福祉・子育て支援サービスの基準額とも連動し、さらには高校生の奨学金や住民税の非課税基準、最低賃金などにも影響を及ぼすこととなり、ひいては国民生活全体が大きな影響を受けます。

財務省は、2017年10月末の財政制度等審議会に、一人親の生活保護世帯が対象の「母子加算」を就労に向かうインセンティブが削がれているとする資料を提出して、母子加算受給世帯の親の就業率の低さを問題視しています。これは、母子加算の廃止・縮小へ向けての財務省からの強い圧力だと私たちは考えます。

子どもを抱えて働くことが困難な生活困窮の一人親世帯にとって、母子加算は暮らしの命綱です。母子世帯の8割が就労しているにもかかわらず非正規就業などにより所得が極めて低いことは厚生労働省の報告でも明らかです。DV被害などで健康を崩して働きたくても就業できない母親も多くいることは多くの調査に示されています。そのような実態を見ずに、母子加算が就業を妨げているかのような間違った解釈をして、暮らしの命綱を斬ろうとするのは本末転倒です。

母子加算は2007年に廃止され、世論の怒りを浴びて復活したものです。子どもや女性の貧困が当時よりもさらに深刻化する中、再び切り捨てることは到底認められません。

全国フェミニスト議員連盟は、生活保護基準引き下げを撤回し、母子加算減額の実施を取りやめるよう強く要望します。

全国フェミニスト議員連盟
共同代表:ひぐちのりこ(宮城県仙台市議会議員)日向美砂子(東京都小平市議会議員)
事務局:小磯妙子(神奈川県茅ヶ崎市議会議員)
[PR]
# by bekokuma321 | 2018-02-16 12:23 | その他

2月14日、文京区のお茶の水女子大で、ノルウェー首相の男女平等スピーチがあった。女子大のせいか、女子高生や女子大生で会場が埋まった。

c0166264_14574756.jpg

首相の名はアーナ・ソールバルグ(Erna Solberg)。エルナ・ソルベルグと表記されることも多く、筆者もエルナ・ソルベルグとカタカナ表記してきた。

ノルウェー保守党の党首で、同国初の女性首相グロ・H・ブルントラント(労働党)に次いで、「ノルウェーの母」と呼ばれている。

「私の経験から話しましょう」と切り出した。首相が学生だった1980年代、ノルウェーの女性たちは、職場の女性差別撤廃、妊娠中絶の合法化など急進的な変革を求めて、運動がわきおこった。当時、初の女性首相が誕生したこともあり、1988年には男女平等法にクオータ制が導入された。男女同一賃金や、女性への暴力などの問題が、社会・政治問題となっていった。

ちなみにアーナ・ソールバルグは、ベルゲン生まれで、ベルゲン大卒。10代でベルゲン市議会議員となり、2期つとめたのち、1989年、初めて国会議員となった。まだ20代だった。

首相は、「ノルウェーでは、みんな夕方4時には家に帰ります」と言って、日々の暮らしに話を持っていった。労働時間の短さに加えて、父親強制(クオータ制)を含む長い育児休業、子育て中は柔軟な就業時間で働けるなど、「肝心なのは働く上でのフレキシビリティ(柔軟さ)」だと強調した。加えて、「保育園」を充実させ、みんなが仕事と家事を両立できるようにしている、と。

次に経済界。会社で、取締り役の40%以上を女性にしなければならない(クオータ制)という法律を制定した。取締役には増えたが、「ノルウェーでも会社のトップ管理職には女性がまだ少ない」とけんそんした。

政界に移った。「1913年の女性の参政権以来、民主主義の構築に女性が参画している」。背景には、政党にクオータ制は法で強制されてないものの、「各政党内の女性部が中心となって」女性議員の進出を促してきている。また、比例代表制選挙の長い歴史が、女性候補を当選しやすくしている、と告げた。

こうした男女平等にかかわる課題は、女性だけの問題ではなく「男女ともの問題である」と繰りかえした。「健康、育児、教育など子どもの問題など・・・政治にかかわることは、命にかかわることです」と強調して、「そこに女性が参画することは重要なことなのです」と決めセリフ。

ノルウェーは、ダボス会議で知られるで世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップで、世界1,2位を続ける男女平等先進国だ。しかし、首相は、「ノルウェーでも、男の多い職場、女の多い職場と、性別によって働く場がまだ分かれています。また子育て期間の女性にパートタイムが多いなど、ジェンダー・ギャップはまだ存在します。日本と同様、挑戦は今後も続くのです」と閉めた。

質問タイムには、「育児休業をとった女性の仕事を、育休をとらない男性がすることになり、とりにくくなっているが・・・」「政治分野に進む女性が少ないが・・・」「韓国から来たが、ジェンダー・ギャップ指数で日本は114位、韓国は118位。どうしたら・・・」「結婚後に夫婦が同じ姓にしなければならず・・・」と、深刻なテーマが次々にあがった。首相も身につまされたのではないか。

夫婦同姓の質問に関しては、「ノルウェーは、離婚が多く、結婚のたびに姓を変えていたら不便でしょ」と会場を笑わせて、「これは冗談です」。

会場の若い女性たちが、「私も政治家になってみようかな」と思えるような、そんな雰囲気の1時間だった。

案内:ジェンダー・ギャップ2位のノルウェーの教育
新内閣は男女半々(ノルウェー)
政権3与党の党首全て女性(ノルウェー)
トランプの人種差別発言とノルウェー
市民に優しい選挙制度(ノルウェー)
首相 セクハラ体験を語るーーノルウェー
お金がなくても、ノルウェーになら留学できそう
あざやかな歴史
「それは政党の候補者リスト作りから始まった」●連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第2回
「クオータ制発祥の国ノルウェー」国際女性 No. 27(2013)PDF
[PR]
# by bekokuma321 | 2018-02-14 15:23 | ノルウェー

2月6日はサーミ国民の日

c0166264_2524547.jpg2月6日は、ノルウェーの「サーミ国民の日」だ。

ノルウェー全土でサーミ文化祭が繰り広げられ、スウェーデン、フィ ンランド、ロシアも歩調を合わせる。

ノルウェーの学校や保育園ではサーミ文化を学ぶ日とされている。今週いっぱい行われるところもある。

サーミ国民の日は、1992年から祝日となった。なぜ2月6日かというと、1917年、エルサ・ラウラ・レンベルグという女性解放運動家が、初の北欧サーミ大会を開いた日だからだという。

エルサの親は、当時としてきわめて珍しいことに、女の子である彼女に高等教育を受けさせ、彼女をストックホルムに留学させた。彼女は産婆教育を受け、政治集会に参加。1904年、ストックホルムで、世界初のサーミ協会を創設して代表に就任した。同時に、『死か生か:ラップ人の現状についての真実の言葉』と題する小冊子を出版した。サーミ女性初の出版物と言われている。

その小冊子には、サーミ民族の貧困、男性のアルコール問題、土地の収奪、子どもたちの教育について書かれている。さらに「スウェーデンの選挙権にはノルウェーにはない収入制限があってサーミの選挙権が制限されている」とスウェーデンの選挙制度の批判もある。

さて、100年経った2018年2月6日、ソルベイグ首相(大使館表記はソールバルグ、保守党)は、お祝いの言葉をサーミ語でツイッターしたことが報道されていた。サーミ語で、とは粋な計らいだ。

こうした国をあげての先住民族を祝いその歴史文化を学ぶ慣行は、空から降ってきたわけではない。

ノルウェーには、国会議員選挙と同時にサーミ議会選挙がある。先住民族サーミ人は一般の政党から出て国会議員に当選する人もいるが、それとは別にカラショークにあるサーミ議会の議員となってサーミのために働くこともできる。サーミが議員となって国の方針に影響を与えているのだ。

しかし、ここまでの道は平たんではなかった。

1970年代末、アルタ・カウトケイノ川に水力発電 のダム建設計画が浮上した。「生活が破壊される」とサーミは猛反対。環境保護運動家も加わり、国をあげての大抵抗運動に発展した。 サーミたちは地元アルタと、国会のあるオスロの2カ所で反対運動を開始。

アルタでは、零下20度の中で座り込み運動を続けた。闘いには大勢の女性たちがいた。 結局、ダムは造られた。しかし、それと引き換えの形で1988年、憲法が改正されて、「サーミの人々が、その言語と文化と生活様式を保持できるような環境をつくることは国家の責務である」(翻訳筆者)という新しい条文が追加された。

憲法改正前年の1987年、「サーミ法」を制定。サーミ民族の保護、サーミ語とサーミ文化とサ ーミの生活の発展が国の方針になった。サーミによるサーミ議会の創設もうたわれた。1989年から、サーミ議会の選挙も始まった。ノルウェー国会はサーミ議会での決定を尊重する義務を負うことになった。

フィンマルク県カラショークに創立されたサーミ議会には、全国 7つの選挙区から比例代表制に基づいて39議席が選ばれる。9つの党派から議員が選ばれて、女性議員は19人、49%を占める。

日本にはアイヌ議会もないし、国会にはアイヌ初の国会議員として1期務めた萱野茂さんの後、代表を出せていない。よってアイヌ女性国会議員もおらず、アイヌ女性の声を政治に反映させるすべはない。国連女性差別撤廃委員会は、日本政府に対して、暫定的特別措置をとってアイヌ女性など少数派の代表を議会に送るようにと勧告したが、政府にその気はなさそうだ。

ノルウェーと日本の違いは多い。最も基本的な違いは、少数意見が抹殺されることのない選挙制度を持つか持たないか、の違いだと思う。

c0166264_37939.jpg

c0166264_3193086.jpg

【写真上:サーミ議会議長のアイリ・ケスキターロ。写真中:アルタ博物館に展示されている1970年代のダム建設反対座り込みデモ。写真下:チーズがサーミ語とノルウェー語で書かれている。フィンマルクの多くの所で2つの言語が見える】

選挙の夜は寝ずの番(ノルウェー)
映画『サーミの血』試写の招待
2月6日、初の北欧サーミ大会100年を祝うノルウェー
「むかし魔女、いま大臣」を読みエイラを思う(ふじみつこ)
先住民サーミのファイトバック
映画「カウトケイノの叛逆」
World Happiness Report 2017
トランプの人種差別発言とノルウェー
首相 セクハラ体験を語るーーノルウェー
[PR]
# by bekokuma321 | 2018-02-10 03:26 | ノルウェー

日本は、世界144カ国のなかで114番目。いったい何の順位? 

男女格差を、経済、政治、教育、健康の4分野で調べた「ジェンダー・ギャップ指数」だ。ダボス会議で知られる世界経済フォーラムが、毎年、はじき出している。

オリンピックでは、狂ったように金メダルに執着する日本。順位をあげるために世界中からインストラクターを探しだしては強化訓練をしたりもする。それなのに、女性が差別され、不当に安く見積もられている醜悪な姿を、世界にさらして、何食わぬ顔とは。

さて、「ジェンダー・ギャップ指数」で、トップ5は、1位アイスランド、2位ノルウェー、3位フィンランド、4位ルワンダ、5位スウェーデン。ルワンダを除きすべて北欧諸国だ。

日本との大きな差にはいったい何があるのだろう。今回は、教育に焦点をあてて、北欧ノルウェーを見てみたい。どなたでも、お気軽にご参加下さい! 2月24日、クリエイトホールにて。

c0166264_13512092.jpg


小学生から選挙に参加するノルウェー(選挙マルシェ)
「教育を変えなければ」と思った(選挙マルシェ)
国連女性の地位委員会のノルウェー代表演説
世界で最も男女平等の国はノルウェー
[PR]
# by bekokuma321 | 2018-02-08 14:02 | ノルウェー