山上千恵子監督のドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たちーー均等法前夜から明日へバトンをつなぐ」を多くの人に見てもらいたい。そんな上映運動がはじまった。フェイスブックもできた。

c0166264_10555181.jpg働く女性の全国センター(ACW2)の伊藤みどりさんたちが、9月15日先陣をきって上映会を企画。30人ほどが三鷹市の市民協働センターに集まった。私も参加して、初めて映画を見ることができた。

映画は、1980年代、職場の男女平等を求めてからだを張って声を上げた運動をハイライトに、現在、マタハラ・セクハラに苦しみながら働き続けなければならない女たち、働くという行為によって命を削りとられる女たち・・・そんな女たちの生の声で構成されている。

1970年代、国連の国際女性年が始まった。「女性差別撤廃条約」がつくられ、多くの国が次々に批准していった。一方、日本は、国籍、雇用、教育において歴然とした性差別があった。世界の国々にまじって女性差別撤廃条約を批准するには、少なくとも、国籍法の差別撤廃、雇用の男女平等法、家庭科を女子だけに必修にしているカリキュラムを改正する必要があった。国籍法、家庭科はかろうじて改正され、残るは雇用における女性差別撤廃だった。

政府は、国際的メンツからも雇用の性差別撤廃法をつくって批准したかった。しかし、企業の圧倒的な力に対し、女性の側の力不足は歴然としていた。平等がほしいなら保護を捨てろーーこれが男社会(男になびく女も)の言い草だった。

そんななか、女たちは動いた。

デモ、ハンスト・・・ハイライトは、「イブ・リブ・リレー」だ。クリスマスイブの日、ウーマンリブの女たちは、真の男女平等法案(自分たちで作った)をバトンに入れて、新宿区から労働省まで、走る、走る、走る。

しかし、女たちの声に国会は微動だにせず、できたのは、女たちの対案とは似ても似つかないザル法だった。

1985年、政府は女性差別撤廃条約を批准した。いま、働く女たちの多くは、男女不平等に加え、”身分制”による女女格差に苦しむ。多くの女たちには「女性差別撤廃条約? 何それ?」だろう。

非正規と呼ばれている女たちを、大阪の女性が映画のなかで「当時は、未組織の女たちと呼んでいた」と言っていた。とても印象的だった。

「未組織の女たち」を組織化し、ひとりではあげられない声を集めてたたかい続けなくては、と強く思った。

c0166264_11161254.jpg



ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目

【写真上:上映会で挨拶する山上千恵子監督(右)。2017年9月15日三鷹市にて】
【2017.9.17 一部加筆更新】
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-09-16 11:32 | その他

ノルウェーの国政選挙の投票率は77.6%だった。全426市が投票者数を数えたその合計だ。前回の2013年に比べて0.6%減少した。

かつてノルウェー人から「投票率80%以下では民主主義の危機だと考えており、国をあげて投票率を上げる努力をするのです」と聞いたことがある。

ノルウェーに来て以来、投票を促すさまざまな啓発キャンペーンを見聞きし、「世界一の民主主義の国はさすがだ」と感心した。それでも80%には届かなかった。

とはいえ、2012年も2014年も50%台だった日本の国政選挙(衆院)の投票率の低さを考えると、健闘しているといえる。

下は、オスロ市内での投票風景。

c0166264_5302120.jpg
オスロの病院で看護師をするマリア・ナルードはオスロに住んでいるが、住民票は他市にある。オスロ市のカールヨハン通りに設けられた事前投票所で事前投票をした。住民票と異なる市で投票したら、投票用紙は茶封筒に入れられて住民票のある市に当局から配達される

c0166264_5362687.jpg
▲オスロ市民でリサーチャーのクリスチン・ダーレンは、9月11日9時、オスロ市庁舎の投票所が開くと同時に投票をした。夫と子どもと一緒にやってきた。子どもは小学2年生。学校が投票所になっているので休日。「休みの夫は、子どもと一緒に家にいられるけれど、私は仕事がありこれから勤務先に向かいます」と。夫は、ノルウェー版ファイナンシャル・タイムズと言われるDNの政治記者。

c0166264_5422657.jpg
▲高校3年生のエッラ・フレドハイムは18歳。自宅近くのHøyenhall 小中学校で、生まれて初めて投票した。「スクール・エレクションでの投票と同じでなかったのでとまどい、係りの人に聞いたらわかりやすく教えてくれた」。係りの人が心配そうに彼女を見つめている。どの政党に投票するかは決まっていたので困らなかった。「スクール・エレクションの政党討論会が参考になりました。自分がどの政党を支援すべきかがよくわかりました」
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-09-14 05:26 | ノルウェー

お国がらで、当選を祝う風景もずいぶん違う。

日本では、候補者の選挙事務所で、当選した候補者と支援者がバンザーイと叫んだあとで当選者が「みなさまのおかげで…」と頭を深々と下げる。「ただの人」から「先生」に変わる瞬間とも言われる。候補者個人の事務所なので、集まる人もそれほど多くない。政党の中央本部では、当選者の名前にバラの花をつけて祝うイベントが行われる。

さてノルウェー。

9月11日、投票が終わった日の夜は、政党ごとの大パーティ(Valgvake)でにぎわっていた。オスロの場合、大勢が集まりやすい広い会場を借り切って、8時頃から夜遅くまで続けられる。数百人で押すな押すなの党もある。夕食を済ませた人がほとんどで、食べ物は出ないが、バーで好きな飲み物を買う(注)。

どの政党パーティにも欠かせないのは、TV開票速報を見るための巨大スクリーンと、取材陣がつめる部屋だ。NRK(日本のNHK)から民間メディア、地方メディア、ソーシャルメディアなどなど。

会場にはTVスタジオと化したような装置が設営準備され、大勢の記者がつめる。政党幹部が開票速報を受けて感想を述べる。ハイライトはトリ(党首)の登場だ。党首はスピーチで党員や支援者をひとつにする。そのスピーチはライブで全国放映され、お茶の間に届く。進歩党党首は、あふれる涙を抑えきれなかった。それぞれ党首は、この政党パーティで一席ぶった後、国会議事堂での記者会見に向かう。

比例代表制選挙なので、一人一人の当落にそれほど一喜一憂しない。政党として、前回の選挙よりどれだけ票を増やしたか、が泣き笑いの分かれ目だ。「〇〇選挙区で獲得票が〇%増えた」と報道されるたびに「ヤッター!」と歓声があがる。サッカー観戦のようだ。

どの党よりも票を増やしたのは、野党の中央党だ(最下の棒グラフ参照)。中央党のパーティではスクリーンに映る各地の朗報に「ヤッター!」の声と拍手が続く。とはいうものの、現連立政権のほうがやや多く、政権交代は夢と消えそうだ。「これで地方自治体の合併が進み、地方の民主主義が遠のく」と幹部はぼやいた。複雑な表情のパーティだった。

比例代表制選挙は、政党への支持を広げることーーそれが選挙運動だ。候補者リストに候補者数を多数載せなくてはならず、候補になることが支援でもある。候補者と運動家に大きな垣根はない。そもそも、首相の保守党党首は「アーナ」、労働党党首は「ヨーナス」だ。首相であろうと、友人のようにファーストネームで呼ぶ。議員を「先生」と呼ぶ国とは違いすぎる。なるほど、選挙パーティは、討論会、戸別訪問、ビラ配り、電話かけで頑張った運動家たち(候補者も含む)の慰労会のように見えたのも当然である。

比例代表選挙と小選挙区選挙。民意をできるだけ反映する比例代表制、民意が反映しない小選挙区制。制度の違いは、「投票日の夜」にも顕著だった。

c0166264_5571176.jpg
 ▲労働党のパーティ会場にはいろうとする人たち

c0166264_5582565.jpg
▲左派社会党のパーティは、だれでも参加自由でインフォーマル。2階にもテーブル席があり、ほかに音響装置

c0166264_602546.jpg
▲緑の党のパーティ会場の一室に集まって働く党内プレス担当者たち。外部メディアは別室

c0166264_624698.jpg
▲中央党のパーティ会場では副党首(中央)が歌を披露。うしろの巨大スクリーンには開票速報。地方の農業者を主とする政党ゆえオスロの獲得票は少ない

c0166264_7423338.jpg
主要紙VGの出した選挙結果。労働党(赤いバラ)は今回も第1党だ。しかし票を減らした。結果、労働党中心の「赤・緑リーグ」は「保守中道リーグ」に勝てなかった


【注】政党の「投票の夜」パーティでは簡単な食べ物も出ることが多く、これも自費だというコメントが政党関係者から来た。高い会場費は政党が全額支払うため参加者が入場料を払うことはない。政党独自の積立金であり、政党交付金はこうしたパーティには使われないということである(2017 .9.13.2300 追記)


【ノルウェー2017年選挙のルポ】
国会議員選挙結果、女性41.4%(ノルウェー)
真夜中の国会記者会見(ノルウェー)
選挙の夜は寝ずの番(ノルウェー)
ミニ政党がカギを握る政権交代(ノルウェー)
高校生が全て担うスクール・エレクション(ノルウェー)
オスロの街並みに溶け込む選挙(ノルウェー)
1本のメールから国会議員に(ノルウェー)
石油の新採掘か漁業・環境保護か(ノルウェー)
決闘の場はトロムソ図書館(ノルウェー)
育休候補、大学生候補が国会議員になれる国(ノルウェー)
ペン、リップクリームにコンドーム、etc(ノルウェー)
スクール・エレクションは民主主義の学校(ノルウェー)
投票者にも候補者にも優しい選挙(ノルウェー)

【関連記事】
ハンディをハンディと感じさせない社会へ(岡田ふさ子)
高校生も立候補するカネのかからない選挙 (近江真理)
選挙制度しだいでは高校生が議員になれる(田口房雄)
民主主義度1位ノルウェー、23位日本
同じ18歳であってもーーノルウェーの選挙、日本の選挙(木村昭子)
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-09-13 06:29 | ノルウェー

ノルウェーの選挙の結果、当選した女性は41.4%となった。これは過去最高だという。

写真は、クラウディア・オルセンClaudia Ambrosia Olsen(1896 ~ 1980)。女性で初めてノルウェー国会の委員会委員長となった女性。国会議事堂の廊下に掲げられていた。

9月11日、国会議事堂での党首記者会見を取材に来た記者たちは、夜中の12時まで待機。私はつい睡魔に襲われた。そんな私をじっと睨んでいた。

c0166264_17503974.jpg


真夜中の国会記者会見(ノルウェー)
選挙の夜は寝ずの番(ノルウェー)
ミニ政党がカギを握る政権交代(ノルウェー)
高校生が全て担うスクール・エレクション(ノルウェー)
オスロの街並みに溶け込む選挙(ノルウェー)
1本のメールから国会議員に(ノルウェー)
石油の新採掘か漁業・環境保護か(ノルウェー)
決闘の場はトロムソ図書館(ノルウェー)
育休候補、大学生候補が国会議員になれる国(ノルウェー)
ペン、リップクリームにコンドーム、etc(ノルウェー)
スクール・エレクションは民主主義の学校(ノルウェー)
投票者にも候補者にも優しい選挙(ノルウェー)
高校生も立候補するカネのかからない選挙 (近江真理)
選挙制度しだいでは高校生が議員になれる(田口房雄)
民主主義度1位ノルウェー、23位日本
世界一民主的な国
世界一民主主義の国はノルウェー、日本は22位
女性議員を増やすために ~ノルウェー選挙に学ぶ~

【2017年9月11日投票日の党首会見録画はYoutubeで見られる。こちら
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-09-12 18:00 | ノルウェー

ノルウェーの国政選挙が終わった。主要政党の得票率と議席数は次の通り。

赤党2.4%(1)、左派社会党6%(11)、労働党27.4%(49)、中央党10.3%(18)、緑の党3.2%(1)、キリスト教民主党4.2%(8)、自由党4.3%(8)、保守党25.1%(45)、進歩党15,3(28)

特色は中央党の躍進と赤党の初議席だろうか。緑の党は予想ほど伸びなかった。

現政権は保守党と進歩党の連立で、自由党とキリスト教民主党が閣外協力をしている。この4党がそのままなら、89議席となり169議席の過半数となるため、メディアはいっせいに保守党党首アーナ・ソルベルグが首相を続投だろうと報道した。

しかし、キリスト教民主党の態度が決まったわけではない。進歩党とは組まないと何度も公約してきたからだ。もしもキリスト教民主党の8議席が赤リーグ(労働党と組む)に流れると、政権交代となる。

それを暗示するかのような光景が、夜中12時過ぎに始まった国会での党首討論会が終わった後、目にはいった。キリスト教民主党の党首は、保守中道の女性党首たちとは違う方向に歩いて行ったのだ(下の写真 2枚目)。

c0166264_1054594.jpg
▲真夜中12時20分から始まった国会議事堂での党首記者会見。左から赤党、緑の党、左派社会党、中央党、労働党、保守党、進歩党、キリスト教民主党、自由党。保守リーグに女性が多いが、ついこの前まで左派リーグの全政党党首が女性だった。

c0166264_10562810.jpg
▲保守党、進歩党、自由党の女性3党首に背を向けるキリスト教民主党党首

c0166264_11105636.jpg
 ▲真夜中1時過ぎのノルウェー国会。党首たちは選挙戦を終えてヘトヘトだろうが、こうして国会議事堂でいち早く結果を国民に知らせる。長い伝統だそうだが、その基本的姿勢に感銘を受ける
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-09-12 11:26 | ノルウェー