c0166264_22291350.jpg「ノルウェー科学技術大学NTNUの理系に、女性の教授はわずか25%以下です」

NTNUは、トロンハイムにある。エンジニアや科学者養成が主だが、56学部、約4万人の学生(女性45%)を擁する国立の総合大学である。数年前、ノーベル生理学・医学賞を受賞したのは同大学の夫婦だった。

NTNUの理系の教授の4人に1人は女性であることに驚かせられたが、同大学副学長カーリ・メルビー(上の写真、右)は、「わずか25%以下」と形容した。その「わずか25%以下」の女性教授を増やすために、次のようなツールがあるという。

「公募に先立って、まず女性の的確な候補を探します。さらに博士課程院生やポスト・ドクの女性のための特別のメンタリング制度があります。こうした男女数のバランスを均等にする事業に、年5600万円の男女平等予算があり、フルタイムの男女平等スタッフがいます」

今年、ノルウェーリサーチカウンシルから「男女平等の向上」予算として、さらに5500万円の新予算を受ける、と喜ぶ。

大学理事会はどうか。女性は40%以上いる。理事会の画像によると14人中、6人が女性だった。これは、国の法律で取締役会の構成員において、一方の性が40%以下とならないとするクオータ制を定めているからだろう。

c0166264_22301976.jpg「そうはいっても」と、同大学教授プリシラ・リングローズ(左写真)は「男女平等のパラドックス」をスピーチ。ノルウェーに住んで20年以上というイギリス生まれの彼女は、「ノルウェー人にとって平等は同じということなので…」と強調した。

平等にあたるノルウェー語likestillingは、同一という意味も持つ。「移民もノルウェー人と同じでなければ平等ではないと考えている」と彼女は批判的に言った。

「ノルウェーでは、異性愛至上主義は疑問視されきて、同性愛も認めるようになってきた。すると、同性愛に寛容である人こそ文化的にすぐれた人々であるとなってくる。それに対して、イスラム教の人々は、性に不寛容な歪んだ民族と考えるようになる」。そうした傾向を「ホモ・ナショナリズム」と呼ぶ、と彼女は言った。

さらに北欧映画「Play」をあげて、北欧にひそむ黒人への偏見を紹介。5人の黒人少年が、3人の中流階層の白人少年(1人はアジア人)をいじめぬくという話で、黒人少年は、社会の反黒人差別意識を利用して白人少年を心理的に追いつめていく。日本なら、こういう設定そのものがありえないと思う。ぜひ観てみたい。

3人目は同大准教授グロ・クリステンセン(右上の写真、左)。彼女の母親世代からすでに、子育て中であっても夫婦ともにフルタイムの仕事を続ける。その背景には、親への長い育児休業(パパへの強制的育休パパ・クオータを含む)、保育園の充実、柔軟な就業時間など、福祉社会のサポート体制がある。

それに加えて近年は、家事(主に掃除)のため移民労働者を雇う傾向が増えているという。この現象に関して、「ジェンダー平等の売買」という研究がなされている。

私が長年知っている元財務大臣で元政党党首のクリスティン・ハルヴォルシェンは、「お手伝いを雇わずに政治家をやり続けたことは、自慢できる」と言っていた。彼女の時代とは違ってきている、と思った。

最後に副学長カーリ・メルビーは、「国民投票をしたら、パパ・クオータも、会社の取締役クオータも、賛成多数をとれなかったと思います。ステイト・フェミニズムのおかげです」。ノルウェーには、ステイト・フェミニズムという”国まるごとフェミニズム”と言える長い伝統がある(注1)。

企画運営をした石井クンツ昌子お茶の水女子大教授は、「日本にはジェンダーという言葉さえ使えないときがあった」と国をおおったジェンダー・バッシングを振り返った。

宗教的原理的な性役割分業文化を押しつける日本会議。その日本会議に安倍首相や多くの閣僚が属している。こうした右翼議員たちに連なる勢力は、夫婦別姓など男女平等を願う人々を邪魔しては快哉を叫ぶ。火の粉が自分の頭上に落ちてこないようにと、国も地方も、女性差別撤廃に逃げ腰である(注2)。

日本は、ノルウェーと同じく「女性差別撤廃条約」を批准した。しかし、この国は「国まるごとアンチ・フェミニズム」ではないかと思う。

ノルウェー学者の来日講演会「最も幸せな国のジェンダー平等」は、4月25日、茗荷谷のお茶の水女子大にて開催された。主催は同大ジェンダー研究所。


【注1】ステイト・フェミニズムState Feminismは、ヘルガ・マリア・ヘルネスHelga Maria Hernesが使った用語だと思われる。クオータ制調査にノルウェーを訪問した1980年代この言葉を知った私は『朝日ジャーナル』(現在廃刊)に紹介した。プリシラ・リングローズは、4月25日レジュメで次のような言葉を紹介している。
「女性が住みやすい国は、女性が男性以上に厳しい選択を迫られたり、性別を理由にした不当な扱いを許したりしない国である。女性が住みやすい国では、女性は子どもを産み、かつ、他の自己実現の道も開かれている。そうした国では、男性に課される以上の自己犠牲を負うような道を、女性が選ぶ必要はない。つまり、ジェンダーによる差別がなく、そしてそのために、他の形での(例えば女性グループ間の)不平等が拡大することもない国である」(発言者として、ヘルガ・マリア・ヘルネスの氏名は記載されてなかったが彼女の顔写真があった)

【注2】「館長雇止めバックラッシュ裁判」における事実認定による。豊中市らが敗訴し三井館長に損害賠償金を支払った裁判。詳しくはHPを。

NTNU in Tokyo
お金がなくても、ノルウェーになら留学できそう
子どもたちがはぐくむ平等と包括教育
難民体験学習をするノルウェーの若者
世界一幸福な国ノルウェーの女性たち
ノルウェーの大学、クオータ制再び提案
大学のクオータ制
ヨーロッパを動かしたノルウェー「取締役クオータ」
オスロ大学、男子への加算点認めず
●連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第5回「クオータ制が生んだ名物教授」 
ベリット・オース、豊中市、日本会議
内閣府男女共同参画室との会合 (木村民子)
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-26 22:44 | ノルウェー

c0166264_14184438.jpgフランス大統領選の1回目が終わり、中道政党「前進!」のエマニュエル・マクロンと、極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペンが残った。

決選投票は5月7日だ。フランス国民はマクロンを選ぶだろうと予測されている。

次期大統領と目されるマクロンは、高校時代に教師と大恋愛。「何があっても、僕は先生と結婚する」との誓いどおり、2007年、結婚した。彼女の名はブリジット・トロニューBrigitte Trogneux。20歳(24歳という説も=注)年上で、前夫との間の子ども3人の母親だ。マクロンは、「僕が彼らの母と愛し合うことを認めてもらえてうれしい」と語っている。

彼女の教え子だった彼は、選挙中も彼女のアドバイスをよくきいていたとか、大統領になったら誰かは未定だが女性首相にする予定だ、とかさかんに報道されている。ユニークなのは私生活ばかりではない。無名の若者・・・という報道のとおり、彼は一度も国会議員に当選したことがないのだという。候補者になったかどうかは不明だ。

ここで、フランスの国会(下院)の話を少し。

国会議員に占める女性は25.8%で、世界63位。日本はたったの9.3%で世界163位だから、それに比べればいい線なのだが、フランス女性には屈辱の数字のようだ。

彼女たちは、政界を男女半々にするため、まず2000年、憲法に「パリテParité 男女同数」という言葉を盛り込ませた。次に政界への男女平等アクセスを推進する「パリテ法」を定めた。これによって比例代表制をとる欧州議会(EUの準立法府)、州議会、人口1000人以上の市議会は、候補者名簿が北欧のように男女が交互に並ぶことになった。欧州議会はもともと女性が多かったのだが、加えて、州議会や市議会は、限りなくパリテに近づいた。

一方、小選挙区制の国会と県議会はパリテがうまく働かなかった。そこで県議会(女14%)の選挙は、突飛というべきかおしゃれというべきか、選挙法を改正して「男女ペアで立候補しなければならない」とした(2013年)。

フランス語でビノームbinômesというらしいが、ダンスを踊るときのように、男性(女性)はペアを組む女性(男性)を探して立候補する。ポスターも、恋人か夫婦のように男女ペアで並ぶ。ペアを組む相手は同政党より異なる政党や政治団体であることが奨励されている。当選後は、独立して別々の議員活動をする。

小選挙区で最高得票をとった1組の「男女ペア候補」が当選となる。2015年に県会選挙があった。その結果、フランス全県会議員4108人中、女性2054、男性2054。みごとなパリテである。

大統領選は国中からたった1人を選ぶ選挙だからパリテにはなじまない。ところが、決選投票は期せずしてパリテとなった。フランスは、選挙までちょっとセクシーだ。


自由の国のおしゃれな改革(フランス) (叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち)
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
国会議員年収も政党交付金も世界最高額
フランス地方選で極右台頭
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい

【注】追記だが、マクロンが次期大統領と目されるなか、妻との年齢差の報道が多く見られる。妻ブリジット・トロニューは夫マクロンより25歳上らしい。女性が受ける年齢差別は男性のものの数ではないことを考えると、今後も何かにつけて騒がれることだろう。




[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-24 14:35 | ヨーロッパ

地中海の美しい海、風にそよぐ椰子の木々・・・レバノンの首都ベイルートの海岸だ。そこにズラリとつるされた白いウェディングドレスの数々。大勢の花嫁が首つりをしているようにも見える。

今日のBBCによると、レバノンには、男性は女性を強姦しても、その被害女性と結婚したら、強姦罪を免れることができる---こんな法律があるという。

レバノンの女性団体は、「石器時代の遺物」のような刑法522条の廃絶を求めて運動を続けてきた。この海岸のパフォーマンスは、同法の改正案が国会で審議される5月に向けて、行われている。

c0166264_12421440.jpg

抗議のビデオも、昨年末、作られた。そこに写るのは、強姦された後、白い花嫁衣装に身をつつんだ女性の深い悲しみに満ちた目。

「このウェディングドレスを私たちは522と名づけています。刑法522条は20世紀初頭からありますが、レバノンのわずか1%の人しか、その存在を知りません。私たちはまず刑法522条の存在を知らせたい、次にその撤廃を運動したいのです」とビデオは語る。

レバノン政府よ、女性に、いつまでこんなむごい仕打ちをする気か! こうした悪法の存在を知らせてくれた、レバノン女性団体とBBCに感謝を、そして今この瞬間も困難な闘いを続けるレバノン女性に連帯を表したい。

Lebanese women came out to protest against rape law
(上の写真は同動画より)
Lebanon rape law: Wedding dresses hang in Beirut sea front protest
強姦罪、厳罰化か
強制結婚の恐怖
モロッコの少女、強姦加害者と強制結婚
コンゴで反強姦デモに数千人
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-23 12:54 | 中東

c0166264_17144367.jpg

4月15日、群馬で「議会に女性を増やそう」というシンポジウムが開かれた。

群馬県富岡市にはひとりの女性議員もいない。富岡市にある富岡製糸場は、明治の殖産興業政策のシンボルだ。それを支えたのが群馬県内ばかりか、全国からやってきた若い女性たちだった。

1873(明治6)年、富岡製糸場に、日本の30県から女性たち約1000人がやってきた(今井幹夫「富岡製糸場総合研究センター」所長)。長野からは4日間の長旅だったと、和田英著「富岡日記」は記す。和田英は10代だった。なかには9歳の少女もいたとか。

故郷を離れて寄宿舎に住んで忠実に働き続けた女性たち。彼女らの手で紡がれたのが生糸。それが明治の日本の輸出産業を支え、日本経済を潤した。

144年後の4月15日、30県とはいかないが、北海道、徳島、新潟、宮城、愛知、長野など遠方から女性たちが参加した。「かかあ天下」の上州になんでこれほど女性議員が少ないのかといぶかしく思ってかけつけたという人も。

パネリストは群馬県女性7人(注1)。超党派の女性議員に加え、男女平等の運動家や専門家たち。みな女性議員を増やさねば、と発言した。

「人口の半分を占めているのだから、女性がもっと議会にいて当然」
「超少子高齢者社会は女性自身の問題。当事者の女性が決める場にいなくては」
「女性のいない政治風景は、ロールモデルとして議員を選べない女子学生をつくる」
「女性特有の相談や苦情を政治の場に届けられるのは女性」

しかし、壁は厚い。何が議会への女性進出を阻んでいるか。

「群馬県特有の『政治は男のもの』的慣習」
「長いムラ社会のしがらみ」
「育児、家事など無償労働の負担」
「仕事を辞めての立候補はリスキー」
「選挙に打って出る度胸がない」
「嫁が夫をさしおいて出られない」

など、いくつもあがった。実際、群馬県は、自治会会長についている女性が日本で最も少ない(内閣府調べ「自治会長に占める女性の割合」)。

では、その厚い壁をどう突き崩すか。

「女性同士のネットワークを活用する」
「しがらみのないよそ者が出る」
「女性が政治に関心を持つような研修の場を増やす」
「女は男の後でいいとする学校の性別名簿や、公立学校の男女別学が残っている風土を変える」
などが出た。

基本的に議員候補者擁立にかかわるのは政党や政治団体だ。女性議員を増やすには、政党や政党団体が、どれだけ女性候補擁立に本気になるかだ。実際、東京都議選の報道を見ても、主要政党の候補者には女性はきわめて少ないようだ。女性候補がきわめて少なかった場合、政党はどんな具体策をとるのか、つまり女性候補擁立に向けてどう党の制度を変えるかが問われる。そこまで議論が深まらなかったのは残念だった。

最後に採択された「群馬宣言」を次に掲げる(Moreをクリック)。日本の地方議会に占める女性議員は約10%、しかも約350自治体が女性ゼロ議会である。それを考えると群馬宣言と名付けられているものの、全自治体にあてはまりそうだ。

More
[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-16 17:27 | その他

かかあ天下の上州。かつては、自ら離縁状をつきつけた妻もいたとか。そんな上州群馬にどうして女性議員が少ないのでしょう。お気軽においでください。高崎駅東口から早足なら6,7分。

c0166264_08461590.jpg
c0166264_08472862.jpg

[PR]
# by bekokuma321 | 2017-04-15 08:52 | その他